Winter Chill 06.04 (6)の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

Chill Out と Lounge
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

HED KANDIのWinter Chillシリーズ第6弾。

アコースティック色が強く出ておりカントリーな感じが漂う。また、ポップス/ロックよりの選曲になっている感じがある。

今回は楽曲が集まらなかったのか、それとも別の要因があるのか。いずれにしても、迷いが見えるコンピレーションになっている。

若干方向性を見失ってきているのではないだろうか。不安を覚える内容。

DISC1

1曲目:重いキックの感じと、暗い感じはトリップ・ホップ。キックの音色はMassive Attackに似ている。その他の感じはAlphaに似ている。

2曲目:1曲目とアーティストが同じ。当然トリップ・ホップな感じ。ボーカルが変わっているが、1曲目のボーカルよりこちらの方がよい。囁くような感じで静かに歌い上げるのは、トリップ・ホップに良く合う。

4曲目:しっとりとしたバラード風のボーカルもの。

5曲目:冷たい響きのピアノの旋律に合わせて、けだるく歌う女性ボーカル。冬の寂しさや寒さが伝わるような曲に仕上がっている。

9曲目:この曲は他のchiloutアルバムに入れてもおかしくない曲。ゆったりとした感じといい、chilloutの雰囲気が十分の曲である。

14曲目:REAL IBIZA 7にも収録されている。

15曲目:Brian Enoの曲。

DISC2

全体的にアコースティック色が強いのはこのDISC2の方。chilloutの方向性からズレている感じがしてしまう。一体どうしたのか?

12曲目:”Torn”などのヒット曲を持つNatalie Imbrugliaの曲。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

スポンサーリンク

曲目

winterchill6
Winter Chill 06.04 (6)
2004
compiled by
Mark Doyle
label : Hed Kandi

AmazonでHed KandiのChill Outを探す

DISC1
ARTIST / TITLE
1 Eventide feat. Jaymes Bullet / Measure Up
2 Eventide feat. Robina / And I …
3 Claude Bareau and his Orchestra feat. Bonnie Bailey / Barely Here
4 Mantra feat. Linda Oliveri / Lullaby
5 Sia / Breathe Me
6 Goldfrapp / Black Cherry
7 Josee / Heaven
8 Claude Bareau and his Orchestra / Morning
9 Dead Composers / Chile Con Carne (theme from Betty Blue OST) (Richard Kayvan Remix)
10 Kelli Ali / Groupie
11 Chungking / Following
12 Gaelle / Moonsglow
13 Sugarbabes / Stronger (Album Version)
14 FC/Kahuna / Hayling
15 Frou Frou / Hear Me Out
16 Seed feat. Sarah Jay/Mint / To The End

DISC2
ARTIST / TITLE
1 Polly Paulusma / Mea Culpa
2 Aya / Curtain Call
3 Katie Melua / Blame It On The Moon
4 Late Night Alumni / Meant To Be
5 Mazzy Star / Flowers In December
6 Nikka Costa / Push & Pull
7 Redstar / Follow Me
8 Lamb / Wonder
9 No Silence / Hiding Place
10 Mantra feat. Robina / Rain
11 Husky Rescue / City Lights
12 Natalie Imbruglia / Cold Air
13 Engineers / Forgiveness
14 I Am Kloot / Mermaids
15 Snow Patrol / How To Be Dead (Album Version)
16 Alpinestars / Burning Up

アルバムの評価

★★★★★★☆☆☆☆
【評価の内訳】3.3
【構成・バランス】B=1.5
【飽きのこなさ】B=1.5
【曲の好み】Av.0.3
Aランク:
 Disc1:-
 Disc2:-
Bランク:
 Disc1:1曲目、2曲目、4曲目、5曲目、9曲目、14曲目、15曲目
 Disc2:7曲目、9曲目、11曲目

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました