William Orbit / Pieces in a Modern Styleの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

Chill Out と Lounge
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

同じシンセの音色で奏でられるクラシックの名曲の数々。

一つのアルバムとしての統一感はもちろんのこと、リミックスしやすいアルバムでもあり、一種の素材的な要素もある。

当然クラシックのアルバムなので、クラシックのアルバムとしても聞けるが、アンビエントのアルバムとしても聞ける。

これは、Willam Orbitが使用しているシンセの音色によるところが大きい。

このシンセの音色はかなり独特。

クラブ・ミュージックのアーティストは一つの音色にこだわるアーティストが多い。それこそリズムを奏でるキックやベースの音色を数時間から数日も追い求めることなんてざらである。

このシンセの音色も、こうして追い求めた結果出来上がった音色だろうと思う。

1曲目はSamuel Barber

2曲目はJohn Cage

3曲目はErik Satie

4曲目はPietro Mascagni

5曲目はMaurice Ravel

6曲目はAntonio Vivaldi

7曲目、11曲目はLudwig van Beethoven

8曲目はGerge Frideric Handel

9曲目、10曲目はHenrik Gorecki

Disc2は人気トランス・アーティストによるリミックスが2曲収録。

このアルバムには関係がなくなってしまうが、この時期のFerry CorstenことSystem Fのリミックス・ワークは質がよかった。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

スポンサーリンク

曲目

PiecesinaModernStyle

William Orbit
2000
Album title
“Pieces in a Modern Style”
Label :Maverick

William Orbit

Disc1
1. Adagio for Strings
2. In a Landscape
3. Ogive Number 1
4. Cavalleria Rusticana
5. Pavane Pour une Infante Dfunte
6. Inverno
7. Triple Concerto
8. Xerxes
9. Piece in the Old Style 1
10. Piece in the Old Style 3
11. Opus 132

Disc2
1. Adagio for Strings [Remix by Ferry Corsten]
2. Adagio for Strings [Remix by ATB]

アルバムの評価

★★★★★★★☆☆☆
【評価の内訳】3.7
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】B=1.5
【曲の好み】Av.0.2
Aランク:-
Bランク:1曲目、4曲目、6曲目

William Orbit(ウィリアム・オービット)プロフィール:
William Orbit(ウィリアム・オービット)(William Orbitと書くこともある)はイギリスのミュージシャン、プロデューサーである。
1984年にエレクトリック・ポップ・バンドTorch Songのメンバーとしてデビュー。1987年にソロとしての活動を開始。
アルバム「Orbit」を発表し、シリーズ化されることになる「ストレンジ・カーゴ」をリリース。
アンビエント・クラブ・ミュージックのDJ/エンジニアとして人気がある。
プロデューサーとしても有名で、マドンナのアルバム「Ray of Light」などは彼のプロデュースによる。これでグラミーを受賞している。ブリティッシュ・ポップのブラーのアルバム「13」にも加わっており、プロデューサーとしての功績と質は折り紙付きである。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました