映画「トワイライト・サーガ2ニュームーン」(2009年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

この記事は約4分で読めます。

感想/コメント

シリーズ2作目。今回はヴァンパイアの宿敵である狼族が登場します。

これでこのシリーズの恋模様に関係する主要人物は出そろうことになります。

10代の女性に人気があるというだけあって、突っ込みどころ満載の恋愛模様となるのですが、まぁ、そこはおいておいて…。

監督が変わったにもかかわらず、作品のテイストが変わっていないのは良いと思います。

テンポもよいし、流れも前作と同じであり、音楽も相変わらず良いです。

さて、ヴァンパイアvs人狼という対立軸は、多くの映画で見られるものです。

たとえば「アンダーワールド」シリーズや「ヴァン・ヘルシング」など。

定番といえる対立軸と言えます。

定番ともいえる対立軸ですが、なにか伝承の類があるのでしょうか?

「トワイライト」シリーズ

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

18歳の誕生日、ベラ・スワンは絶望感に包まれていた。

永遠に17歳のままでいる恋人のヴァンパイア、エドワード・カレンより年上になってしまったからだ。

そんな中、誕生パーティの席で事件が起こる。

指を切ったベラの血に引き寄せられたエドワードの家族が彼女に襲いかかり大混乱となってしまったのだ。

味方である自分の家族でさえも、ベラを傷つけてしまうというヴァンパイアの宿命を思い知ったエドワードたちカレン一家はベラの身を案じ、この町を去ることを決意する。

愛するエドワードから突然別れを告げられたベラはますます打ちひしがれる。

彼女を励まそうとベラに寄り添うのは、幼馴染みのジェイコブ・ブラックだった。

ある日、ベラはエドワードたちに敵対するヴァンパイアに追い詰められ、殺されそうになる。

そこに現れ、彼女を救ったのは巨大な狼たちだった。

ジェイコブの身体に異変が起こり始める。

彼は、キラユーテ族というヴァンパイアと敵対する狼族の末裔だったのだ。敵であるヴァンパイアの活動に刺激され、狼族としての遺伝子が覚醒を始めたのだ。

エドワードを諦めきれないベラ。

自分の身を危険にさらすとエドワードの幻影が見えることに気付く。

その幻影を追い求めるあまり自らを窮地に追い込むようになる。

その結果、溺死しかけるベラ。間一髪のところでジェイコブに命を救われる。

一方、エドワードはベラが死んだと思い込んでしまう。

最愛の人を失ったエドワードは自分も命を絶とうと、3000年の歴史を持つヴァンパイアの最大勢力ヴォルトゥーリ族の住むイタリアへ乗り込む。

エドワードの真意を知ったベラは、彼を止めるために後を追う。

2人の再会は、人間とヴァンパイアの掟破りの恋を白日の下に晒すこととなる。

それは、ヴォルトゥーリ族の逆鱗に触れるところとなるものだった…。

映画情報(題名・監督・俳優など)

トワイライト・サーガ
ニュームーン
(2009年)

監督:クリス・ワイツ
原作:ステファニー・メイヤー
脚本:メリッサ・ローゼンバーグ
音楽:アレクサンドル・デスプラ

出演:
ベラ・スワン/クリステン・スチュワート
エドワード・カレン/ロバート・パティンソン
ジェイコブ・ブラック/テイラー・ロートナー
アリス・カレン/アシュリー・グリーン
ロザリー・ヘイル/ニッキー・リード
ジャスパー・ヘイル/ジャクソン・ラスボーン
カーライル・カレン/ピーター・ファシネリ
エメット・カレン/ケラン・ラッツ
エズミ・カレン/エリザベス・リーサー
ローラン/エディ・ガテギ
ヴィクトリア/ラシェル・ルフェーブル
アロ/マイケル・シーン
ジェーン/ダコタ・ファニング
カイウス/ジェイミー・キャンベル・バウアー
マーカス/クリストファー・ハイアーダール
アレック/キャメロン・ブライト
サム・ウーレイ/チャスク・スペンサー
ポール/アレックス・メラズ
ジャレッド/ブロンソン・ペルティエ
エンブリー・コール/キオワ・ゴードン
ビリー・ブラック/ギル・バーミンガム
ジェシカ・スタンリー/アナ・ケンドリック
エミリー/ティンセル・コーリー
フェリクス/ダニエル・クドモア

興行収入ランキング

  1. 世界歴代興行収入ランキング(Top200)
タイトルとURLをコピーしました