映画「テッド」(2012年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

この記事は約3分で読めます。

感想/コメント

ちょいワルおやじのというよりは、単なるワルおやじになってしまった可愛らしいテディベアを主人公としています。

言葉をしゃべるテディベアなので、本来はファンタジー要素が強いはずですが、なにせワルなので、ファンタジー色はどこへやら…。

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

1985年。
米国はボストン。その地域で一番人気のない8歳の男の子ジョン。
ジョンの願いは、ひたすら友達が欲しいということ。

クリスマスのプレゼントにもらったぬいぐるみの熊を気に入り、テッドと名づけた。
ジョンはテッドと一緒にベッドに入り、テッドが喋れて親友になってくれますように、と流れ星に祈ると、本当にそうなった。

テッドは一躍セレブとなり、テレビに引っ張りだこ。
だが、ブームは去った。スターとしての人気は衰え、ドラッグで逮捕されるしまつ。

2012年。
ジョン・ベネットは35歳の独身男。

テッドとは27年が経っても、一緒にボストン南部郊外のアパートに暮らしている。
二人は親友同士で、「フラッシュ・ゴードン」の再放送を観たりマリファナを吸ったりして毎日を過ごしている。
ジョンの勤め先はレンタカー会社。

ジョンには恋人ロリ・コリンズがいる。ジョンと結婚したいと思っている。
だが、ジョンはロリかテッドかを選べと言われると、どちらも選べなくなってしまう。

ジョンはロリと付き合い出してから四周年なので、レストランで食事をした。
ロリは四年前の出会いを覚えているかジョンに尋ねた。

ダンスクラブでおかしな出会いをしたのだった。
ロリは、結婚はしたいけど、テッドが一緒だとそれは無理だから、テッドに出て行ってもらいたいと告げた。

ロリはジョンに詰め寄った。私を取るかテッドを取るか。
ジョンは別の住まいに引っ越し、職探しを始めた。

ロリの上司レックスがロリとジョンを新築祝いのパーティに招いた。
レックスはロリを狙っている。

そのパーティの最中、テッドからジョンに電話がきた。テッドは、自宅アパートでのワイルドパーティで「フラッシュ・ゴードン」のサム・ジョーンズが来ているんだと言う。
ジョンはいてもたってもいられず、テッドのパーティに急いだ。ほんのわずかの時間だけ、抜け出したつもりだった。

だが、時は過ぎた。そして、ジョンは決定的な過ちを犯したことに気が付いた。
ロリが現れ、ロリはジョンにもう終わりよと言って去っていったのだ

テッドのお陰で恋人と決裂したジョンは、テッドとの友情を断つ。
責任を感じたテッドは、ジョンとロリのヨリを戻そうと努力した。

テッドは布袋に押し込まれて拉致されてしまった。

連れ込まれた家にはテッドに関する雑誌の表紙やパパラッチの写真やポラロイド写真が壁に貼り付けられていた。

その頃、レストランに独りでいるジョンをロリが見つけた。

ジョンは独り寂しく店を出て歩いた。ロリが車で追いかけ、ジョンを乗っけた。
その時、テッドからのSOSの電話が鳴る。

テッドを巡って、カーチェイスが始まり、ボストン・レッドソックス本拠地球場まできてしまった。
そして、テッドの魔法が切れてしまった…。
ジョンとロリはアパートにテッドを急いで連れて帰り、縫い合わせるがだめだった。

映画情報(題名・監督・俳優など)

監督:セス・マクファーレン
原案:セス・マクファーレン
脚本:セス・マクファーレン,アレック・サルキン,ウェルズリー・ワイルド
音楽:ウォルター・マーフィ

出演:
ジョン・ベネット/マーク・ウォールバーグ
ロリー・コリンズ/ミラ・クニス
レックス/ジョエル・マクヘイル
ドニー/ジョヴァンニ・リビシ
ノラ・ジョーンズ
テッド/セス・マクファーレン
ナレーション:パトリック・スチュワート

タイトルとURLをコピーしました