ショーン・ビーン

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第9話 「ベイラー大聖堂」第10話 「炎と血」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第1シーズンは、それぞれのプロットの紹介、そして、波乱への序章であった。本当の「ゲーム・オブ・スローンズ」は第2シーズン以降ということになるだろう。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第7話 「勝つか死ぬか」第8話 「進軍」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ジョフリーが王となる。最悪の王の誕生だ。外孫が王となることによって力を得るはずのタイウィン・ラニスターはスターク家との全面戦争を迎えようとしている。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第5話 「狼と獅子」第6話 「黄金の冠」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第1シーズンはそのすべてが序章であるが、序章の中であっても、いくつかの謎があり、そのそれぞれが少しずつ解きほぐされていく。そして、決定的に修復不能になっていくのがスターク家とラニスター家の関係。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第3話 「冥夜の守人」第4話 「壊れたものたち」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

このシリーズは単純な戦闘もののファンタジーというよりは、いわゆる政治的な駆け引きの世界を描いたファンタジーで、まさにこの政治的な駆け引きこそが、タイトルでいうところの「ゲーム」ということになる。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第1話「冬来たる」第2話「王の道」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』を原作としたアメリカのテレビドラマ。現在の「Thrones」とは玉座のことで、つまりは「ゲーム・オブ・スローンズ」とは、「玉座を巡る争い」ということになる。

02. ファンタジー

映画「ロード・オブ・ザ・リング3/王の帰還」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「王の帰還」の王とは、アラゴルンのことだ。ゴンドールの王の末裔でありながら、さすらいの人として生きてきたアラゴルンが、中つ国のために王としてゴンドールに帰還する。

02. ファンタジー

映画「ロード・オブ・ザ・リング2/二つの塔」(2002年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「二つの塔」とは、サルマンの城オルサンクと、冥界の王サウロンの要塞バラド=ドゥアを意味している。フロドたちはこの二つの塔の放つ闇の力にのみこまれていくのか...。

02. ファンタジー

映画「ロード・オブ・ザ・リング1」(2001年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

闇の冥王サウロンは、世界を滅ぼす魔力を秘めたひとつの「指輪」を作り出した。残忍さ、邪悪さ、すべてを支配すつという欲望を、指輪に注ぎ込んだ。そして、中つ国は指輪の力をふるうサウロンの手に落ちていった

06. アドベンチャー

映画「ナショナル・トレジャー1」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

歴史を覆す秘宝をめぐって繰り広げられる冒険アクション大作。歴史を覆す秘宝の重要なヒントとなるのがアメリカ独立宣言書。この中に巧妙に伝説の秘宝が隠されているという設定。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「トロイ」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

世界最大最古の歴史叙事詩、ホメロスの「イリアス」を映画化した作品。神話を描いた作品らしく映像は美しいものに仕上がっている。 すべては神話の中の話だが、描かれているのは、生身の人間たちの愛憎であり名誉である。

タイトルとURLをコピーしました