ピーター・ヴォーン

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3の第9話「キャスタミアの雨」第10話「次なる戦いへ」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第8話で初めてセカンドサンズのダーリオ・ナハーリスが登場する。以後のシーズンの中で重要な登場人物となる。だが、シーズン3のダーリオ・ナハーリスとシーズン4以降のダーリオ・ナハーリスは役者が違う。シーズン3の第8話で登場するダーリオ・ナハーリスは、優男で、セクシーで妖しい雰囲気がプンプンしている。一方で、シーズン4以降は、優男という点では同じなのだが、セクシーな雰囲気がない。セクシーで妖しいダーリオ・ナハーリスの方がゲーム・オブ・スローンズにはマッチしているように思う。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3の第7話「女剣士と熊」第8話「次子-セカンドサンズ-」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第8話で初めてセカンドサンズのダーリオ・ナハーリスが登場する。以後のシーズンの中で重要な登場人物となる。だが、シーズン3のダーリオ・ナハーリスとシーズン4以降のダーリオ・ナハーリスは役者が違う。シーズン3の第8話で登場するダーリオ・ナハーリスは、優男で、セクシーで妖しい雰囲気がプンプンしている。一方で、シーズン4以降は、優男という点では同じなのだが、セクシーな雰囲気がない。セクシーで妖しいダーリオ・ナハーリスの方がゲーム・オブ・スローンズにはマッチしているように思う。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3の第5話「炎の口づけ」第6話「登壁」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

この5話目と6話目、そして続く7話目、8話目は閑話休題と言ったところ。この後に始まる展開の準備回である。文字通り、嵐の前の静けさである。嵐が始まる前の主要な登場人物の状況を描いている。壁の向こう側のシーンはアイスランドのミーヴァトン湖周辺で撮影された。ジョンとイグリットの愛のシーンはセットで撮られたのだろうと思っていたが、実際に存在する温泉なのだという。湖近くの洞窟で撮影され、人気の観光地だそうだ。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3の第3話「処罰の道」第4話「穢れなき軍団」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第3話のタイトルは、奴隷が見せしめに磔にされる道の名に由来する。ロックの隊の男たちが歌う「熊と美貌の乙女」(”The Bear and the Maiden Fair”)はラミン・ジャヴァディが作曲した。ラミン・ジャヴァディはテーマ曲の作曲者。撮影場所はだいぶ固定化されてきている。当然と言えば当然なのだが…。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3の第1話「新たな時代」第2話「三つ目の鴉」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

これまで辺境に置かれていたデナーリス・ターガリエンが飛躍のための力をつけるシーズン。とはいえ、キングズランディングを中心とした政争には、まだまだ影響を与えることはない。さて、ドスラク語は当然のことながら想像の言語だが、そのドスラク語を創作したデイビッド・J・ピーターソンが、ヴァリリア語も創作したそうだ。ヴァリリア語は古代ヴァリリア帝国の言語であり、ラテン語とロマンス諸語の関係のように、学問や洗練された会話で使われる高ヴァリリア語と、奴隷商人湾一帯で話されるクレオール言語のような低ヴァリリア語があるという設定だ。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第9話 「ベイラー大聖堂」第10話 「炎と血」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第1シーズンは、それぞれのプロットの紹介、そして、波乱への序章であった。本当の「ゲーム・オブ・スローンズ」は第2シーズン以降ということになるだろう。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第7話 「勝つか死ぬか」第8話 「進軍」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ジョフリーが王となる。最悪の王の誕生だ。外孫が王となることによって力を得るはずのタイウィン・ラニスターはスターク家との全面戦争を迎えようとしている。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第5話 「狼と獅子」第6話 「黄金の冠」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第1シーズンはそのすべてが序章であるが、序章の中であっても、いくつかの謎があり、そのそれぞれが少しずつ解きほぐされていく。そして、決定的に修復不能になっていくのがスターク家とラニスター家の関係。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第3話 「冥夜の守人」第4話 「壊れたものたち」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

このシリーズは単純な戦闘もののファンタジーというよりは、いわゆる政治的な駆け引きの世界を描いたファンタジーで、まさにこの政治的な駆け引きこそが、タイトルでいうところの「ゲーム」ということになる。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第1話「冬来たる」第2話「王の道」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』を原作としたアメリカのテレビドラマ。現在の「Thrones」とは玉座のことで、つまりは「ゲーム・オブ・スローンズ」とは、「玉座を巡る争い」ということになる。

タイトルとURLをコピーしました