Nitin Sawhney

コラム:Chill Out と Lounge

美しき曲たち ワールドでファンタジックな音色

ここで取り上げるアーティストたちのジャンルは何かというと、適切なのがないというのが実情ではないかと思う。 大雑把にはニューエイジ、ワールド、イージーリスニングで括られる。しかし、なんか違うような気がする。
Chill Out と Lounge

Buddha Bar 11の紹介と感想(おススメアルバム)

このアルバム Buddha Bar(ブッダ・バー)の第11弾。不動のRavin。 今回は全体的にアラビック、インディ、オリエンタルな曲の印象がとても強い。 ワールドビートの印象が強い。 実際は違うんだがねぇ。何でだろ? ...
Chill Out と Lounge

Serve Chilled 2の紹介と感想(おススメアルバム)

このアルバム Hed Kandiの夏のチルアウトシリーズServe Chilledの2弾目。 1枚目は深夜に似合う、ダウンビート系で構成し、2枚目は暑い陽射しに似合うようなグルーブを求めた構成にしているようだ。でも、2枚目もダウ...
コンピレーション・アルバム

Essen Chill

このアルバム Nitin Sawhneyによるミックス。Nitin Sawhneyがどういうミックスをするのかに興味があったので購入。 無難なミックス。変った展開もなく、オーソドックスな感じのもので、悪くない。 ただし、こ...
Chill Out と Lounge

Siddharta 2の紹介と感想(超おススメアルバム)

このアルバム Siddharta(シッダールタ)シリーズ第2弾。同一年にこれだけの内容のミックスCDを出すとは恐れ入ります。 Disc1 1曲目:前作同様Blissで始まる。悲しいストリングスの旋律とともに始まり、ディープ...
Chill Out と Lounge

Buddha Bar 4の紹介と感想

このアルバム Buddha Bar(ブッダ・バー)の第4弾。 David VisanというDJ。基本的にセンスないです。 ハコに入ったとしても、この手のDJだったら、私は速攻帰ります。そして、他のハコに行きます。 D...
Chill Out と Lounge

Buddha Bar 3の紹介と感想(おススメアルバム)

このアルバム Buddha Bar(ブッダ・バー)の第3弾。 DJがRavinへ変更。Claude Challeの系統に近いが選曲傾向が若干異なる。Claude Challeがベテランらしい選曲なのに対してRavinは繊細な選曲...
Chill Out と Lounge

Hotel Costes 1の紹介と感想(おススメアルバム)

このアルバム Hotel Costes(ホテル・コスト)第1弾。ラウンジらしいラウンジのミックスアルバム。洗練された瀟洒な香が漂う。なるほど、ファッションブランドのパーティに引っ張りだこになるはずだわ。 "デザイナーズ"の冠の付...
Chill Out と Lounge

Nitin Sawhney / Beyond Skinの紹介と感想(超超おススメアルバム)

このアルバム このアルバムがリリースされたときは話題を独占した。ジャケットを含めて、アルバム全体が一つの詩となっている一枚。間違いなく、傑作アルバム!!! インドでの核実験を背景として、イギリス国内のインド系イギリス人への風当た...
Chill Out と Lounge

Winter Chill 06.03の紹介と感想(超おススメアルバム)

このアルバム HED KANDIのWinter Chillシリーズ第5弾。 このシリーズの中ではもっともチル・アウトらしいアルバム。 スキー場でこういう音楽が流れていたらいいのになぁと思う。 DISC 1:前半のアコ...