マーク・アディ

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第9話 「ベイラー大聖堂」第10話 「炎と血」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第1シーズンは、それぞれのプロットの紹介、そして、波乱への序章であった。本当の「ゲーム・オブ・スローンズ」は第2シーズン以降ということになるだろう。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第7話 「勝つか死ぬか」第8話 「進軍」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ジョフリーが王となる。最悪の王の誕生だ。外孫が王となることによって力を得るはずのタイウィン・ラニスターはスターク家との全面戦争を迎えようとしている。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第5話 「狼と獅子」第6話 「黄金の冠」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第1シーズンはそのすべてが序章であるが、序章の中であっても、いくつかの謎があり、そのそれぞれが少しずつ解きほぐされていく。そして、決定的に修復不能になっていくのがスターク家とラニスター家の関係。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第3話 「冥夜の守人」第4話 「壊れたものたち」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

このシリーズは単純な戦闘もののファンタジーというよりは、いわゆる政治的な駆け引きの世界を描いたファンタジーで、まさにこの政治的な駆け引きこそが、タイトルでいうところの「ゲーム」ということになる。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第1話「冬来たる」第2話「王の道」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』を原作としたアメリカのテレビドラマ。現在の「Thrones」とは玉座のことで、つまりは「ゲーム・オブ・スローンズ」とは、「玉座を巡る争い」ということになる。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「ロビン・フッド」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ロビン・フッド誕生を描いた映画である。ロビン・フッドは中世イングランドの伝説上の義賊。弓の名手で、イギリスのノッティンガムのシャーウッドの森に住むアウトロー(法の保護外の者)集団の首領とされる。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「ROCK YOU! [ロック・ユー]」(2001年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

映画に登場するチョーサーは14世紀にイングランドで活躍した詩人ジェフリー・チョーサーである。『カンタベリー物語』(The Canterbury Tales)で知られる。映画の舞台となっている1370年頃はチョーサーが何をしていたか不明とされている時期である。

タイトルとURLをコピーしました