小林稔侍

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「柳生一族の陰謀」(1978年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

東映が威信をかけて制作し、大ヒットとなった映画。文字通り銀幕スターがいた時代の映画で、豪華な顔ぶれとなっている。だが、こうした映画は何度も作れるものでもないし、何度も作るものでもない。そして、何度も見るものでもないように思う。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「四十七人の刺客」(1994年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

描き出しているのは、権力者によって不当に仕掛けられた戦争に対して真っ向から立ち向かう武士の姿である。この仕掛けられた戦争は、経済戦争であり、心理戦であり、情報戦である。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「椿三十郎」(2007年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

オリジナルの脚本を使ったリメイクのため、内容もストーリー進行もオリジナルと一緒。一番違うのは、映像がカラーであること、そして俳優やスタッフであり、多少違うのは、風景くらいなものだろうか。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「武士の一分」(2006年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

山田洋次監督による藤沢周平の作品を原作とした、「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く、第3弾。前2作に比べると、小ぶりな印象を否めないし、泣けないが、原作にはかなり忠実に描かれているように思った。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「たそがれ清兵衛」(2002年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

山田洋次監督による藤沢周平作品の映画化第1弾。原作は藤沢周平の「たそがれ清兵衛」「竹光始末」「祝い人助八」である。原作となる3つの短編のそれぞれの特徴を生かしながら映画化された作品といえる。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「隠し剣鬼の爪」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

山田洋次監督による藤沢周平作品の映画化第2弾。原作は藤沢周平の「隠し剣鬼ノ爪」「雪明かり」。前作『たそがれ清兵衛』に比べると、配役が日本の時代小説を舞台にした映画にマッチしている感じがある。

タイトルとURLをコピーしました