柄本明

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「シン・ゴジラ」(2016年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

最初に出てきた怪獣が、何というか、オモチャ感が(特に目のあたり)酷くて、えぇ…!?となったが、きっとゴジラが登場して退治するのだろうと勝手に踏んでいた。まさか、進化、という発想になるとは思わなかった。だって、ビニール人形のような怪獣、しかもエラから体液を出して、息絶え絶えなのがゴジラに変身するなんて思わないじゃないか。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「利休にたずねよ」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

市川海老蔵を筆頭に俳優陣の演技はよかった。特に前半で描いている、茶人としての千利休は、いい演技だったと思う。原作者・山本兼一が市川海老蔵を指名したそうだ。この映画を決定的にダメにしたのは、演出と脚本である。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「ICHI」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

子母澤寛(しもざわ かん)の「座頭市物語」が原作。今回は「市」の設定を女性にして、孤高を貫き生きる女、初めて出会った運命の男との切ない恋の行方を描く。

11. 文芸

映画「悪人」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーの映画化。キャッチコピーは次のとおり。「なぜ、殺したのか。なぜ、愛したのか。ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の"悪人"なのか?」

12. コメディ

映画「ハッピーフライト」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

飛行機の中だけを舞台にしているわけではない。裏で支えるグランドスタッフ、整備士、管制官、ディスパッチャー、バードパトロールを描いているのが見どころの一つだろう。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「雷桜」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

最初に一言。原作と全然違うし、原作の方がはるかに面白い。原作のプロットを改編して見事にぶち壊した映画というのも珍しい。監督の意向なのか、プロデュース側の意向なのか、脚本能力が低いのか、はたまたその全てなのか。音楽もひどい...。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「花のあと」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「花」というと、女性の青春を指すこともある。「花盛り」などと言われるとおりである。題名の「花のあと」とは、桜の季節の後、そして、女性の青春を終えた後、の両方の意味を含んでいる。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「陰陽師」(2001年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

平安時代の実在の陰陽師・安倍晴明を主人公としている。陰陽師ブームの火付け役となった作品であり、これ以後、陰陽師ものの小説が数多く出たり再注目されたりした。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「敦煌」(1988年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

敦煌と言えば莫高窟とそこから出た敦煌文献が有名である。小説と映画の舞台となっているのは、ちょうど西夏ができて敦煌を占領した時期である。映画そのままに、この頃に敦煌文書が莫高窟の中に放り込まれ、入口を塗り込められたと考えられている。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「蝉しぐれ」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

原作の「蝉しぐれ」は、藤沢周平作品のなかで確実に上位5位以内に入る名作。これは藤沢周平ファンや藤沢周平作品をある程度読んだことがある人なら、恐らく一致した意見だろうと信じる。

タイトルとURLをコピーしました