ClassicなChillout

Chill Out と Lounge

Cafe del Mar CLASSIC 3の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

今回は「スペイン特集」。収録されている作曲家のほとんどがスペイン出身。7曲目のジョルジュ・ビゼー、11曲目のルイジ・ボッケリーニが出身国は違うものの、スペインにちなんだ楽曲が収録されている。
Chill Out と Lounge

William Orbit / Pieces in a Modern Styleの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

このアルバム 同じシンセの音色で奏でられるクラシックの名曲の数々。 一つのアルバムとしての統一感はもちろんのこと、リミックスしやすいアルバムでもあり、一種の素材的な要素もある。 当然クラシックのアルバムなので、クラシックの...
Chill Out と Lounge

Chill Classicalの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

このアルバム クラシックや映画音楽の中でもチルなものを選びましたというコンピレーション。 収録曲が多いということは、1曲あたりがとても短いということ。短すぎて曲の好みも何もあったものではない。 まぁ、入門版みたいなものとし...
スポンサーリンク
Chill Out と Lounge

Chris Coco & Sacha Puttnam / Remasterpieceの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

このアルバム Chris Cocoの曲が7曲目、Sacha Puttnamの曲が4曲目。あとはシューマンやマーラー、サティ、ショパン、ドビュッシーなどのクラシック音楽家の曲である。 だが、クラシックをリミックスしたり解釈をし直...
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar ARIA3の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

オペラを題材としているのが多いのは今までと同じ。また、Paul Schwartzのオリジナル曲が4曲収録。前2作に比べてPaul Schwartzのリミックスの力がかなり上がって、チルアウト向きのクラシックになっている。
Chill Out と Lounge

Craig Armstrong / Piano Worksの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

このアルバム 先鋭的な音楽も作り、映画音楽家としての評価も高いCraig Armstrong(クレイグ・アームストロング)の第3弾。 今までに発表した曲を、ピアノを主体にしたバージョンにして、本人が演奏しているアルバム。今までの...
Chill Out と Lounge

Art Of Noise / The Seduction Of Claude Debussyの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

古巣のZTTに戻ってのリリース。題名の通り、ドビュッシーを題材にしたアルバム。年月を経て復活したArt Of Noiseは、ひと味違った感じになった。
1. Chill Out Lounge : 音楽

Continuo / Meditations on Pachelbel’s Canonの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

このアルバム 題名から分かるように、パッヘルベルの「カノン」のみをアレンジした曲を収録したアルバム。 最初っから最後までが「カノン」一色で、曲と曲のつなぎ目が分かりづらいので、一曲の長編「カノン」を聞いている感じ。 だか...
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar CLASSIC2の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

カフェ・デル・マー・クラシックの第2弾。前作同様オーケストラはThe City of Prague Philharmonicが担当。このオーケストラにシンセや打ち込みを加えて処理をしているのも同様。リミックスは前作より練られている。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar CLASSICの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

カフェ・デル・マー(Cafe del Mar)・クラシックの第1弾。オーケストラはThe City of Prague Philharmonicが担当。このオーケストラにシンセや打ち込みを加えて処理をしている。
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました