Clannad

コラム:Chill Out と Lounge

美しき曲たち ワールドでファンタジックな音色

ここで取り上げるアーティストたちのジャンルは何かというと、適切なのがないというのが実情ではないかと思う。 大雑把にはニューエイジ、ワールド、イージーリスニングで括られる。しかし、なんか違うような気がする。
バラード曲の一覧

1982年のバラード曲の一覧

Air Supply - Come What May Charlene - I've Never Been To Me Chicago - Hard To Say I'm Sorry Clannad - Theme From ...
New Age, Easy Listening

Clannad / Greatest Hitsの紹介と感想

このアルバム Enyaが有名になりすぎたために、"Enyaが在籍していた事でも知られているClannad"という表現がとられてしまうが、まずはClannadありきである。このClannadがなければEnyaは生まれなかっただろう。 ...
Chill Out と Lounge

The Classic Chillout Albumの紹介と感想

このアルバム Sony Music TVからのコンピレーション・シリーズ Chill Outの冠が付いているが、DJ選曲でないため、コンセプトがはっきりしないシリーズになっている。 それは、このアルバムに収録されているアー...
Chill Out と Lounge

Chicane / Behind The Sunの紹介と感想(おススメアルバム)

chicaneのセカンド。前半がChill Outでも使える曲が多く、後半に行くにしたがって、トランスにいく構成になっている。アルバムのバランスは良い。相変わらずアルバムとしてのクオリティは高い。