Chris Coco

アーティスト紹介

Chris Coco(クリス・ココ):チルアウトDJの重鎮の一人

プロフィール Chris Coco(クリス・ココ)はDJ、プロデューサー、ブロードキャスター、批評家である。 チルアウトのアーティストの中で、Jose PadillaとLenny Ibizarreに並んで最重要人物の一...
Chill Out と Lounge

Jose Padilla / Kata Rocksの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

久々の感のあるJose Padillaによるコンピ。アルバムのKata Rocks(カタ・ロックス)はタイのプーケットにあるリゾート。Jose PadillaやCantoma、Chris Cocoなどチルアウトの大御所の音が収録されている
Chill Out と Lounge

Chris Coco & Sacha Puttnam / Remasterpieceの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

このアルバム Chris Cocoの曲が7曲目、Sacha Puttnamの曲が4曲目。あとはシューマンやマーラー、サティ、ショパン、ドビュッシーなどのクラシック音楽家の曲である。 だが、クラシックをリミックスしたり解釈をし直...
Chill Out と Lounge

Chris Coco / Heavy Mellowの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

全体的にはアンビエント色の強いアルバムである。ミックスほどではないが、各曲が微妙に繋がっているのは、Chris Cocoがこのアルバム全体にストーリーを与えているためだろう。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar 25th Anniversaryの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

今回は基本的にファン投票に依っているらしい。それにしても、みなさん良いのをチョイスしてくれました!!! 素晴らしい出来です。さすがはCafe del Marファン!!! 押さえるところをしっかりと押さえています。
Chill Out と Lounge

Chris Coco / Next Waveの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

全体的に音が硬い感じがある。Chris Cocoの音の好みだろうが、キチッとした感じの曲で揃っている感じ。この硬さは、ある意味テクノに通ずる硬さかも知れない。キックの丸みが少ない感じで、スネアやハットが強いせいかもしれない。
Chill Out と Lounge

Winter Chill 06.02の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

HED KANDIのWinter Chillシリーズ第4弾。DISC 1の15曲目はマルチ・ジャンル・アーティストのMoby。クラブ系のアーティストではあるが、枠を超えたアルバムを制作し評価を挙げている奇才。
Chill Out と Lounge

Winter Chill 3の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

このアルバム HED KANDIのWinter Chillシリーズ第3弾。 DISC1の14曲目は日本人アーティスト。 DISC2の1曲目からDepeche Mode.。 2曲目は、哀愁漂うボーカル・チル・アウト。...
Chill Out と Lounge

Chris Coco / Beach Groovesの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

このアルバム 本来イビサのDJであるChris Coco(クリス・ココ)のDJミックスがIRMAからでた。 通常はミックスは買わないのだが、Chris CocoがDJをやっているので、買ってみた。 IRMAのアーティスト...
Chill Out と Lounge

REAL IBIZA 3の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

REAL IBIZA(リアル・イビサ)の第3弾。副題がChilling you softly。コンパイラーがChris Coco, Phil Mison, James Horrocks & Thomas Foleyに替わった。
タイトルとURLをコピーしました