Blank & Jones

アーティスト紹介

Blank & Jones(ブランク・アンド・ジョーンズ):チルアウトからトランスまで幅広いジャンルをまたぐドイツ出身のデュオ

Blank & Jonesはドイツ出身のデュオ。メンバーはJan Pieter BlankとRené Runge。Café del Marシリーズにも楽曲を提供し、自らチルアウト・アルバムも作成している。チルアウトはRelaxシリーズとしてリリースされ、シリーズは10枚を超える。
Chill Out と Lounge

Café del Mar 23の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

ジャケットが盛夏の印象というよりは、晩夏の印象。この印象のせいか、アルバム全体の印象も、しっとりとした少し秋を感じるような構成になっている。コンパイラーはToni Simonen。最後には2つのミックスが用意されている。

Chill Out と Lounge

Blank & Jones / Relax – The Best of a Decade (2003-2013)の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超々おススメアルバム)

チルアウト、ラウンジ系のマストアルバムの一つ。Blank & JonesのRelaxシリーズの1~7を中心につくられたベストアルバム。なお、Relaxシリーズはこの後も引き続きリリースされている。
Chill Out と Lounge

Buddha Bar 9の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

Buddha Bar(ブッダ・バー)の第9弾。Ravinが戻ってきた!!!久々のRavin一人でのミックスだ。Buddha Bar 7でDavid Visanとの共作としてクレジットされているが、David Visanが絡んでいるせいで出来が悪かった。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar 12の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

カフェ・デル・マーの第12弾。全体の印象としては25周年記念盤の延長のような感じである。インパクトの強い、若しくは耳に残るような印象の強い曲がない。突出した曲がないが、アルバムとしてのバランスは良い。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar 10の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

カフェ・デル・マー(Cafe del Mar)の10作目。ジャケットは両手をクロスしてローマ数字のⅩ(10)を型どり、それぞれの腕は空と夕日で埋め尽くされている。Chill Outを象徴したジャケット。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar 9 の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

レーベルが自身のcafe del mar musicに移籍しての第1弾。cafe del mar music所属のアーティストの曲(7曲目、9曲目、14曲目)も入っており、レーベルとしての独自性が見られ始める。
スポンサーリンク
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました