2014年英エンパイア誌ベスト100

07. ファミリー,ドラマ

映画「ニュー・シネマ・パラダイス」(1989年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

映画をこの上なく愛する人だけでなく、幼いころの幸せな思い出を持つ人、そうしたことに憧憬を抱く人、郷愁、哀愁を感じたい人にはとてもいい映画ではないかと思う。評価もそうしたものの上に成り立っており、多くの好意的な評価で占められている。
01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「羅生門」(1950年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

海外では黒沢明監督を代表する作品として極めて評価の高い作品。芥川龍之介の短編小説 「藪の中」と「羅生門」を原作にしている。脚本は橋本忍と黒澤明。

02. ファンタジー

映画「千と千尋の神隠し」(2001年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「トンネル」と「逢魔が時」。いずれも現世と異世界をつなぐ仕掛けである。日が暮れはじめる「逢魔が時」。八百万の神が現れる。神だけではない。魑魅魍魎が跋扈する時間。神も化け物の同居する時間、異世界。

15. 映画・TV情報

英エンパイア誌 世界の名映画ベスト100 2014年版

映画ベスト100 イギリスの映画雑誌「EMPIRE」が選ぶ「世界の名画TOP100」。英語圏の作品は選考対象外のランキング。 日本「七人の侍」(1954)フランス「アメリ」(2001)ロシア「戦艦ポチョムキン」(1925)イタ...
01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「乱」(1985年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ウィリアム・シェイクスピアの「リア王」を原作として、舞台に戦国時代を選び、息子たちに家督を譲った男の悲劇を描く。毛利元就の「3本の矢」の逸話を交えているが、毛利家を舞台としているわけではない。架空の家を舞台にしている。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「グリーン・デスティニー」(2000年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

英雄リー・ムーバイの内側に潜む愛。女武侠ユー・シューリンの穏やかな外見の下の熱い想い。政略結婚を強いられる若い貴族の娘イェンの可憐な姿からは想像も出来ない秘めた激しい愛と武術の技。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「七人の侍」(1954年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

200分を越える長編ながら、その長さを全く感じさせない作品。1954年度 ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞。あまりにも有名な作品。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「LOVERS」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

世界各国で大ヒットした「HERO」のチャン・イーモウ監督が、金城武、チャン・ツィイー、アンディ・ラウというアジアのスターを起用した武侠アクション。

タイトルとURLをコピーしました