ロバート・ワイズ

07. ファミリー,ドラマ

映画「市民ケーン」(1941年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

2016年最高の映画だと思う。脚本も良く、音楽も良かった、俳優のキャスティングは素敵だったし、何よりも見ることで希望を感じる映画だった。「観てよかった」と思える映画だった。アカデミー賞作品賞の最有力候補だったが、残念なことに、栄冠に輝かなかった。ミュージカル映画の「主役」は音楽なので、オリジナル曲で勝負するということは極めて冒険である。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「サウンド・オブ・ミュージック」(1964年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

ミュージカル映画がなくなることはないのは、こうした生への賛美と希望を表現するのに最も適したものであるからかもしれない。いくらポジティブに映画を作ったとしても、希望に溢れた音楽の旋律の前にはかすむのだ。

タイトルとURLをコピーしました