トーマス・ニューマン

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「アメリカン・ビューティー」(1999年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

アメリカン・ビューティは映画を見る前に音楽を聞いていた。トーマス・ニューマンの奏でる音は、私が好んで聞くチル・アウト系での有名曲だ。この映画を印象付ける、穏やかで静かな雰囲気な曲である。

06. アドベンチャー

映画「ファインディング・ニモ」(2003年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

地球の裏側まで子供捜しに行っているかのような錯覚に陥るが、舞台はグレート・バリアリーフからシドニーの間。ようするにオーストラリアの東海岸で繰り広げられている話である。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「ショーシャンクの空に」(1994年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

レッドが仮釈放になってからの終盤が見所だろう。「こうあって欲しい」という結末に向かって一気に突き進んで行ってくれる。とても清々しい気分となる終わり方だ。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「007 スペクター」(2015年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

本作で登場する「スペクター」が、ボンド本来の敵なのだそうだ。諸事情により、映画から消えてしまったそうで、かれこれ30年以上経ってしまっているという。007シリーズ24作目。ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの4作目。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「007 スカイフォール」(2012年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

007シリーズ23作目。本作品の舞台となるいくつかの場所。デッドシティだが、長崎県の端島、通称「軍艦島」がモデルとなっている。そして、スコットランド。なんとも陰鬱で寒々しい光景は、スコットランドへのイメージそのものである。

02. ファンタジー

映画「ジョー・ブラックをよろしく」(1998年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

思っている以上に時間が長い。というのは、一つ一つのシーンが長いからだ。そして、その一つ一つのシーンは多くが「静」である。いや、「動」というものがこの映画にはない。

02. ファンタジー

映画「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

幼いボードレール三姉弟妹をひたすら不運が襲う。救いのない悲惨で不幸が連続する映画なのかと思いきや、そうではない。三姉弟妹がたくましいのと、敵役のオラフ伯爵が何となく憎めない間抜けさを持ち合わせているためかもしれない。

Soundtrack(映画音楽)

アメリカン・ビューティー(オリジナル・スコア)(サントラ)の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

このアルバム 映画「アメリカン・ビューティー」のオリジナル・スコア版。作曲はトーマス・ニューマンによる。サントラ版よりもこちらの方がアルバムとしての統一感があるし、聴き応えがあると思う。 オリジナル・スコア版ということ...
Soundtrack(映画音楽)

アメリカン・ビューティー(サントラ)の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

このアルバム 映画「アメリカン・ビューティー」のサントラ。このサントラとは別にオリジナル・スコア版がある。個人的にはそちらの方がイイ。 映画を盛り上げるためとはいえサントラには様々な、というより雑多な曲が入り込みすぎて...
Chill Out と Lounge

Ibiza the sunset sessionsの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

このアルバム 総曲数が50曲のミックスCD。 José PadillaがこのミックスCDを作ったということで買ったのだが、アルバムのクレジットには載っていない。 Warner DanceのHPにもJose Padillaの...
タイトルとURLをコピーしました