ジェマ・アータートン

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「007 慰めの報酬」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント 007シリーズ22作目。ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの2作目。 「007 カジノ・ロワイヤル」から1時間後の設定。映画本編はシリーズ初の続編だそうです。 本作では陸・海・空のチェイスが一つの見ど...
02. ファンタジー

映画「ヘンゼル & グレーテル」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ダークファンタジー映画。アクションも多い。ヘンゼルとグレーテルの話は1315年から1317年の大飢饉など、長く続いた飢饉の時代の子供捨てによる口減らしが下敷きにある。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「タイタンの戦い」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

1981年のリメイク。ギリシャ神話をベースにした映画。ペルセウスは半神の英雄。ゼウスとダナエの子で、アンドロメダと結婚した。子供の一人ペルセウス(ペルセース)はペルシア王家の祖とされる。

02. ファンタジー

映画「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

舞台は神秘に満ちた古代ペルシャ。西欧から見ればオリエント(≒中東)は歴史的にも感覚的にももっとも身近な「異境」であろう。それは中国など東洋よりもよほど身近である。そこには一種の憧憬があるように思える。

タイトルとURLをコピーしました