Sting / Fields of Gold: The Best of Sting 1984-1994の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

Pops/Rock/Ballad
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

スティングの楽曲の中にはスタイリッシュというよりは、哀愁漂う非常にシットリとした、ラウンジ向きの曲というものが多い。また、そうした曲の一部は映画にも使われたりしている。

もっとも、スティングの曲はそのそれぞれが有名すぎて、ラウンジのコンピレーションに収録されることはない。

しかし、ラウンジを知らない人で、スティングは聞いたことがある人にとっては、スティングの曲のなかでラウンジ向きの曲を知ることによってラウンジという世界の一部を知ることが出来るのではないかと思う。

個別のアルバムからピックアップするよりも、ベスト盤にもそうした曲が収録されているので、ここからピックアップしてみたい。また映画で使われている曲も多いので、それはそれでアルバムを別に紹介する。

ここでは、ラウンジ向きの曲として3曲目、5曲目、10曲目、11曲目、17曲目をあげておく。

スポンサーリンク

曲目

StingTheBest

Sting
Fields of Gold: The Best of Sting 1984-1994
1994
A&M Records

Sting

  1. When we dance
  2. If you love somebody set them free
  3. Fields of gold
  4. All this time
  5. Englishman in New York(1988年のバラード一覧
  6. Mad about you
  7. It’s probably me
  8. They dance alone (Cueca solo)
  9. If I ever lose my faith in you
  10. Fragile (1988年のバラード一覧
  11. We’ll be together
  12. Moon over Bourbon Street
  13. Love is the 7th wave
  14. Russians
  15. Why should I cry for you
  16. This cowboy song
  17. Fragilidad (Fragile-Portugese version)

Sting(スティング)プロフィール

ゴードン・マシュー・トーマス・サムナー CBE(Gordon Matthew Thomas Sumner, CBE)
1951年生まれで、イギリスのニューカッスル・アポン・タイン出身。
1977年にポリスを結成。1978年にA&Mより「ロクサーヌ」でデビュー。ベーシスト兼ボーカルとして活躍。ポリス自体は1984年に活動休止したが、その後もソロで活動。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました