映画「そして父になる」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

この記事は約3分で読めます。

感想/コメント

もっと物悲しい話になるのかと思っていました。

きっと、野々宮家の話だけならそうだったのでしょう。

ですが、斎木家というもう一つの家族が交わることで、物悲しさがなくなっています。

この斎木家の存在によって、映画が客観的な要素を帯びた気がしました。

是枝裕和監督による長編映画

  • 幻の光(1995年)
  • ワンダフルライフ(1999年)
  • DISTANCE(2001年)
  • 誰も知らない(2004年)
  • 花よりもなほ(2006年)
  • 歩いても 歩いても(2008年)
  • 大丈夫であるように -Cocco 終らない旅-(2008年)
  • 空気人形(2009年)
  • 奇跡(2011年)
  • そして父になる(2013年)本作
  • 海街diary(2015年)
  • 海よりもまだ深く(2016年)
  • 三度目の殺人(2017年)
  • 万引き家族(2018年)
  • 真実(2019年)

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

11月。

再開発プロジェクトを進める建築家の野々宮良多と妻みどりには6歳の一人息子・慶多がいる。
小学校受験で、慶多は学習塾で教わった通り答えて合格した。

慶多を出産した病院から「重要なお知らせがある」と呼び出される。
出生時に子どもの取り違えが起きたというのだ。

実の息子は慶多ではなく、斎木家の琉晴だという。
ショックを受ける良多とみどり。

取り違えられたもう一組の家族は小さな電気店を営んでいる。斎木雄大、ゆかりの夫婦は3人の子持ちだ。
良多とみどりは、「子どもの将来のために結論を急いだ方がいい」という病院の提案で斎木家と交流を始める。

良多は二人とも引き取る手段を探る。
交換で泊まらせることにする。

良多は二人とも引取りたいと提案するが、斎木雄大から「負けたことのない奴は本当に人の気持ちが分からないんだな」と激怒される。

裁判が始まった。
取り違えた看護婦は、事故ではなくて、継子の子育てでイライラして「野々宮さんの家族が幸せそうだったのでわざとやった」と証言した。
しかも時効になっている。
やりきれない二つの家族の思い。

6年間愛してきた他人の子どもと、血の繋がった実の息子。
子どもを交換するべきか、このまま育てていくべきか。

良多は葛藤の中で、それまで知らなかった慶多の思いに気づく。
父の日のプレゼントを両方の父に手作りの花を作る。

8月

良多は「裁判を抱えているから」といって宇都宮に異動を打診される。
裁判には勝ったが…。

良多は人工林で「蝉が自然に羽化するようになるまで15年かかった」という話を聞かされる。

琉晴が一人で斎木家に帰った。「パパとママのところに帰りたい」
妻みどりも「慶多を裏切っているみたいで」と涙を流す。
良多も慶多がこっそり撮っていた写真を見て涙する。

映画情報(題名・監督・俳優など)

そして父になる
(2013年)

監督:是枝裕和
製作:亀山千広,畠中達郎,依田巽
脚本:是枝裕和

出演:
野々宮良多/福山雅治
野々宮みどり/尾野真千子
斎木ゆかり/真木よう子
斎木雄大/リリー・フランキー
野々宮慶多/二宮慶多
斎木琉晴/黄升げん
野々宮のぶ子/風吹ジュン
上山一至/國村隼
石関里子/樹木希林
野々宮良輔/夏八木勲

タイトルとURLをコピーしました