Silent Poets / To Come…の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

この記事は約3分で読めます。

このアルバム

ジャケットのように、ダークで重い感のあるアルバム。

暗いところは、例えばTrip HopのPortisheadに通じる部分があり、Portisheadはどちらかといえば病的な暗さがあるが、”To Come…”の暗さは、詩人が心の内側に向かっているような、内向的な暗さである。深い心の闇を覗き見るような…。

さて、アルバムタイトルの5曲目は、シングルカットされている。力強いドラムとベースラインに、ミニマルなピアノが載っている。ストリングスも入り込んで重厚感あふれる曲となっている。MCが入り込むが、これが入ることによって曲が全体的に締まっている。

続く6曲目は、ラップが入り込むが、Silent Poetsの音楽の幅の広さを伺わせる一曲である。

ボーカルものが多いが、ボーカルも所詮楽器の一つというとらえ方で処理している感じ。ボーカルが出しゃばっていない点が高評価できる。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

曲目

SilentPoets-ToCome
Silent Poets
1999
Album title
“To Come…”
Label :Toy’s Factory

Silent PoetsをAmazonで探す

1 Fact
2 I Will Miss This Holy Garden feat. Verginia Astley
3 Someday feat. Anomolies
4 Where The Sidewalk Ends feat. Kirsty Hawkshaw
5 To Come…
6 Prisons feat. Anomolies
7 The Corner
8 Sugar Man feat. Terry Hall
9 Come Raising
10 Save The Day feat. Roba
11 A Fork In The Road

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.1
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.1
Aランク:-
Bランク:5曲目、6曲目

アーティストの紹介

Silent Poets(サイレント・ポエツ)プロフィール:
下田法晴(pro、samples、keys)と春野高広(sax、pro、keys)からなるユニットだったが、現在は下田法晴のソロプロジェクトになった(はず、確か…)。
日本人アーティストの中では、最もクオリティの高い部類に入ると思っている。国内で、もっと評価が高くなってもおかしくないと思うのだが…。

Silent Poetsの他のアルバム

Silent Poets / Sunの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)
下田法晴のソロ・ユニットとなって6年ぶりの新作。共同プロデューサーにDJ Yellow(a.k.a.Alain Ho)、ゲストにストリングス担当としてEverton Nelsonを、そしてヴォ-カルとしてShawn Leeを迎えた。
タイトルとURLをコピーしました