Robert Miles / Dreamlandの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

Chill Out と Lounge
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

アルバムとしてはほぼリアルタイムに聞いていたが、基本的に4つ打ちのため、Chill OutやLoungeとは違うかなと思って長いこと掲載してこなかった。
ただ、曲としての綺麗さという点では、捨てがたいので、これを機に掲載してみることにした。

1曲目のChildren (Dream Version)が圧倒的な秀逸。
遠雷が聞こえ、ピアノの旋律が始まっていく。
曲がリリースされた1995年は2週間で350,000枚以上、1997年には世界で5,000,000枚のセールスとなった。
Tranceとしては最も売れた曲の一つで、Tranceの古典といっていい。

Robert Miles – Children [Dream Version]

2曲目のFableは女性ボーカルもの。

3曲目から少しずつ地味になっていくが、こうした展開の方がいい。

スポンサーリンク

曲目

RobertMilesDreamland

Robert Miles
Dreamland
(1996)

  1. Children (Dream Version)
  2. Fable (Message Version)
  3. Fantasya
  4. Landscape
  5. In My Dreams
  6. One & One (Radio Version)
  7. Princess of Light
  8. Fable (Dream Radio)
  9. In the Dawn
  10. Children (Original Version)
  11. Red Zone

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.5
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.5
Aランク:1曲目
Bランク:2曲目、3曲目、7曲目、8曲目

プロフィール

ロバート・マイルズ(Robert Miles)
スイスのヌーシャテル出身。イタリア育ち。
ハウス、テクノ、トランス、アンビエント、ダンスミュージックの音楽家、作曲家、音楽プロデューサー、DJ。
Childrenの大ヒットで一躍脚光を浴びる。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました