REAL IBIZA 4の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

Chill Out と Lounge
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

REAL IBIZA(リアル・イビサ)の第4弾。

コンパイラーがPhil Mison, James Horrocks & Thomas Foleyに変更。

Phil Misonの色が強く出始める。ジャケットも再度変更。

DISC1

1曲目:俗な言い方をすれば、宇宙的な印象を与える始まり方。

2曲目:Oversoul feat. Gramma Funkとなっているが、Ibizarreの曲。

Over soul ft. Gramma Funk – Universal unfolding

4曲目:Matthew Herbertの別名義。若干のメランコリーと、軽妙さ、そしてノスタルジーの狭閒に漂う不思議な一曲。

5曲目:Kevin Yostも飲み込むのがChill Outの奥深さかもしれない。この曲はラウンジにもいける。

7曲目:Atmosphereという題。雰囲気と訳すべきか、大気と訳すべきか。だが、題の通りの曲であるのは間違いない。

9曲目:日本人アーティストなのか?すくなくとも参加しているようだ。

10曲目:アフリカンテイスト。パーカッションの軽快なリズムが良い。

Mystic Diversions – The Love Dance

11曲目:こうした空間的広がりを感じさせてくれる音楽を多用するのはChill Out位だろう。Chill Out系のアルバムには必ず数曲はこうした曲が入る。逆になければ、それはChill Outとは呼べないかもしれない。

12曲目:Serve Chilled 2にも収録。

DISC2

1曲目:これは、面白い。ギターをかき鳴らして始まる。それが、叙情感たっぷりなのである。曲調を変えたいときにはとても便利な一曲。

2曲目:根強いファンをもつJohn Beltran。初期のアンビエントな感じとはことなるが、職人的な音作りは顕在。それにしても、「ten days of blue」は名作だった…、でも今では入手は事実上不可能。

3曲目:Blissが参加。とてもBlissっぽい。

4曲目:軽妙。可愛らしいボーカルも特徴的。

5曲目:とてもバランスのとれた一曲。軽快でもあり、美しくもある。Chill OutでもLoungeでも、どちらでもいける。Hotel Costes 3にも収録

AMBROSIA / A REMINISCENT DRIVE

8曲目:人気の日本人アーティストcalm。海外での評価は早くから高かった、日本人で聴くならまずはこの人から。

9曲目:Chill Out アーティストかつ人気DJのPhil Misonの別名義。

11曲目:ちょっぴり歪んだギターサウンドと波の音、オーケストラ。夏の夕暮れという感じです。

12曲目:まさに、綺麗に落としてくれます。後には何も残らないくらいに…

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

スポンサーリンク

曲目

REALIBIZA4
REAL IBIZA 4
2001
compiled by
Phil Mison, James Horrocks & Thomas Foley
label : REACT
REALIBIZA4mix
DJ-mixのジャケット

DISC1
Artist / titile
1 Trumpet Thing / La Sonadora (The Dreamer)
2 Oversoul feat. Gramma Funk / The Universal Unfolding
3 Polaroid / So Damn Beautiful (Chris Coco Mix)
4 Doctor Rockit / Cafe De Flore
5 Kevin Yost / If She Only Knew
6 Bent / I Love My Man (Lazyboy Anyone For Tennis Remix)
7 Uman / Atmosphere
8 A:Xus feat. Naomi Nsombi / Baghdad Cafe (Callin’U)
9 Dan K / Sunburst
10 Mystic Diversions / The Love Dance (Spirit Of Life Mix)
11 Seven Ways feat. Frederica / The Sixth Chakra
12 Nova Nova /Plaid (Aqua Bassino Remix)

DISC2
Artist / titile
1 Jam & Spoon / Hispanos In Space
2 John Beltran / Sub Surface
3 Infernal / Serengeti (Bliss Mix)
4 Bonobo / Terrapin
5 A Reminiscent Drive / Ambrosia
6 Cool Blu / Aqua Libra (Downbeat Mix)
7 Sub Sub / Past
8 Calm feat. Spiritual African Nova / Fortunately Unknown
9 Cantoma / Katja
10 Ibizarre / Underwater World
11 Grassskirt / Pleasant Dream Part2
12 Nacho Sotomayor / Es Vedra

アルバムの評価

★★★★★★★★★☆
【評価の内訳】4.7
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.7
Aランク:
 Disc1:2曲目、10曲目
 Disc2:5曲目
Bランク:
 Disc1:1曲目、4曲目、5曲目、7曲目、11曲目
 Disc2:1曲目、2曲目、4曲目、8曲目、9曲目、10曲目、11曲目、12曲目

Real Ibiza シリーズ一覧

Cafe del Mar シリーズ

このアルバムリリースはCafe del Marシリーズにあわせている。このアルバムに対応するのが”Cafe del Mar 8″である。

Cafe del Mar 8 の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)
本作は"本当の意味"でのcafe del marではない。というのも、コンパイラーがMANIFESTOのA&Rの2人だからである。レジデントDJのBRUNOがコンパイルしたわけではない。
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました