Plej / Electronic Music From The Swedish Leftcoastの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

Chill Out と Lounge
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

ベースとなるハウスのリズムが心地いい。

また、Jazzyな感じであるが、非常にシンプルな作りになっている分だけ、アルバム全体ではLounge向けとして使い勝手のよいアルバムといえる。

また、基本的なメロディラインがシンプルな分だけ、リミックスのしがいのあるアルバムである。ここではアルバム単体を紹介するが、リミックス集のついている2枚組もリリースされているので、そちらでオリジナルとリミックスの違いが分かると思う。

ある意味残念なのだが、このアーティストの場合、リミックスの方が輝いている感じがする。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

Plej
Plej
2003
Album title
“Electronic Music From The Swedish Leftcoast”
Label : Exceptional

PlejをAmazonで探す

スポンサーリンク

曲目

CD1
1 Lay of the land
2 Blue
3 Evum
4 Song
5 Jabo’s night out
6 Thrill
7 Shimmer
8 You
9 Soulset
10 Paus
11 Seasons
12 A Jabo thought

CD2
1 Lay of the land (Jimpsters vocal version)
2 You (Kompis Mix)
3 Evum (Cloud Mix)
4 You (Plej 12 Mix)
5 Blue – Akufens Different (Shade of Blue Mix)
6 And so lay of the land
7 Hird – Keep you Hird (Plej Remix)
8 Seasons Hird Warm up session mix

CD1

1曲目:リミックスではボーカルが乗っているが、オリジナルはボーカルがない。その分スッキリとしていて気分のよい曲である。

3曲目:リミックスは最高の出来である。これほどに素晴らしいリミックスも珍しい。そのオリジナルになるが、やはりオリジナルがよくないとリミックスにも限界があるということか、なるほどこれだけでもよい曲なのである。この曲はいろいろなリミックスが出来そうな曲である。

4曲目:女性ボーカルの力強い曲。ボーカルが前面に出ているのはこの曲だけ。その分印象に残る。印象の残るような曲の配置など、こういうところはアルバムの構成上計算されていると感じる。

CD2

3曲目:なんといってもこの曲だろう。このリミックスに関して言えば★★★★★★★★★★。オリジナル曲をさらに素晴らしく仕上げている。このリミックスを聞くために、このアルバムを買ってもいいくらいだ!!!

アルバムの評価

★★★★★★★☆☆☆
【評価の内訳】3.7
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】B=1.5
【曲の好み】Av.0.2
Aランク:
 Disc1:-
 Disc2:3曲目
Bランク:
 Disc1:1曲目、3曲目、4曲目
 Disc2:-

Plej(プレジュ)プロフィール:
PlejはArvid NiklassonとErik Niklassonの兄弟ユニット。スウェーデンの西海岸のGothenburg出身。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました