Organ Language / Organ Languageの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

Chill Out と Lounge
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

Calmの別名義。

Calm名義と異なる点と言えば、シンセの音が異なる点と、よりライブ感をだすために、打ち込みを減らしている点であろうか。

多くのアーティストがアルバム制作に参加しているので、従来のCalmの音とは少し違うところもある。

良い方向に音の広がりがでたという感じがある。

※この系統の音楽で他のアーティストを探したい場合は「チルアウトとラウンジとは」が多少なりとも参考になると思います。

スポンサーリンク

曲目

organlanguage1
Organ Language
2002
Album title
“Organ Language”
Label :Revirth

1 Viviparty Around Fire
2 Talk Without Lips
3 Organic Language Part1 and Part2
4 Respiration Of The Forest
5 Song For Too Young
6 Solitude And Wisdom
7 Ancient Gale
8 Colors
9 Kagura (re-erection)
10 Calm Before Calm

アルバムの評価

★★★★★★★★☆☆
【評価の内訳】4.2
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.2
Aランク:-
Bランク:2曲目、4曲目

アーティストの紹介

Organ Language (オルガン・ランゲージ)プロフィール:
Calm (カーム)の別名義
Calm (カーム)プロフィール:
1969年、熊本県生まれ。 横浜の大学でのバンド経験を経てデビュー。初期においてはFarr名義の作品が多い。また、Chari ChariやJazztronikなどと並んで国内よりも海外のシーンで評価が高いアーティストの一人。大枠ではブレイク・ビーツに入るが、どちらかといえばアンビエントに近い曲の方に注目がいく。ジャズの影響を感じさせる曲が多く、また、和風を意識した曲も多い。このあたりが海外での高評価につながっているのだろう。別名義にOrgan Languageがある。

Calmの他のアルバム

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
タイトルとURLをコピーしました