レイチェル・ワイズ

ファンタジー映画

映画「オズ はじまりの戦い」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

L・フランク・ボームの児童文学「オズの魔法使い」を下敷きに、「偉大なる魔法使いオズ」誕生の物語を描く。「オズの魔法使い」では、西の魔女と東の魔女の姉妹は最初から悪い魔女だが、本作では悪い西の魔女の誕生も描いている。

歴史映画やスペクタクル映画

映画「スターリングラード」(2000年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

実在の人物ヴァシリ・ザイツェフを主人公としている。ヴァシリ・ザイツェフはソビエト連邦の狙撃兵として活躍し、英雄となった。舞台は当時のスターリングラード(現ヴォルゴグラード)での激戦(スターリングラード攻防戦)である。

アドベンチャー映画

映画「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」(2001年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

タフな冒険家であるリック、優秀な女性考吉学者エヴリン、そそっかしい兄のジョナサンというおなじみのメンバーに、好奇心が強すぎて余計なことをしてしまう息子のアレックスが加わり再び冒険が始まる。

アドベンチャー映画

映画「ハムナプトラ1 失われた砂漠の都」(1999年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

古代秘宝を求めるアドベンチャー映画はこうした場所を舞台にすることが多く、よく分かっているがゆえに想像の翼がいかんなく発揮されるのだろう。イムホテップの魔法というのも単純だが迫力があってよかった。

ファンタジー映画

映画「エラゴン 遺志を継ぐ者」(2006年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「ドラゴンはオスである」という先入観がある私は、サフィラがメスというのもビックリしてしまった。だから、最初、何でsheとかherって言っているのかがわからなかった。先入観って怖い...。

ファンタジー映画

映画「コンスタンティン」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

エンディングロールが終わってから短いエピローグがあるからなのです。うーん。私が見た回も結構帰ってしまっている人が多かったのですが、帰ってしまった人はもったいないことをしたものです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました