A・R・ラフマーン

07. ファミリー,ドラマ

映画「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

社会性を前面に押し出した、いわゆる重い映画というのは数多くある。この映画が、こうした重い映画と異なるのは、一筋の希望を観客に与えている点だろう。そこが、各国で映画賞を総なめした最大の理由なのだろうか、と見終わって感じた。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「ヘブン・アンド・アース」(2003年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「西遊記」で馴染みの玄奘三蔵をモチーフにした映画である。とはいっても、孫悟空も猪八戒も沙悟浄も登場しない。代わりに、玄奘三蔵を彷彿させる覚慧という若い坊様と、その護衛達の物語である。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました