芦田愛菜

アニメーション映画

映画「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」(2018年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

「みんなの物語」というタイトルのため、2~3人の物語では格好がつかず、かといって10人となると話がまとまらなくなるから、5人くらいが丁度いいとなったのだろうか。とはいえ、5人でも話が拡散気味の印象である。加えて、本作のメイン・ポケモンとなるゼラオラにも物語があるので、計6人分の物語となる。
時代劇映画や歴史映画(日本)

映画「のぼうの城」を観た感想と作品のあらすじや情報など

まず、原作の方が面白い。とはいえ、ほぼ原作通り。次に、原作は映像化を意識して書かれていたはずなのに、その面白さが映画に反映されていない。不思議である。