中尾彬

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「伊賀忍法帖」(1982年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

山田風太郎という作家がすごいのは、史実は史実のままで残しておきながら、そこに異次元の物語を入れ込むことができることである。史実をベースにするので、話の展開や結論は分かっているのだが、そうくるか!という物語を展開する。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「梟の城」(1999年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

司馬遼太郎の直木賞受賞作品「梟の城」の映画化。葛籠重蔵や風間五平といった超のつくメインどころの扱いは原作と同じだが、原作に比して扱いが軽くなっている感じがするのが黒阿弥や摩利支天洞玄ら。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました