レイ・ウィンストン

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「ヒューゴの不思議な発明」(2011年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「不思議な発明」と銘打っており、ポスターなどは巨大な時計に少年が映っているため、ファンタジックな映画だろうと思っていた。だが、これは「映画史」へのトリビュート作品である。

06. アドベンチャー

映画「インディ・ジョーンズ4-クリスタル・スカルの王国」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」から19年後の1957年が舞台となっている。「レイダース-失われた聖櫃(アーク)」の最後のシーンを覚えているだろうか?聖櫃(アーク)がある巨大倉庫に運び込まれていくシーンだが、今回はその巨大倉庫から始まる。

02. ファンタジー

映画「ベオウルフ 呪われし勇者」(2007年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

パフォーマンス・キャプチャーという技術が用いられているのだが、これは役者の動きをコンピュータに取り込むモーションキャプチャー技術を、より精密緻密にしたもののようだ。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「キング・アーサー」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

中世の物語を想像して映画を見てしまうと、いきなり面食らってしまう。また、「アーサー王と円卓の騎士達」の中で繰り広げられる魔法の世界を思い浮かべながら映画を見てしまってもいけない。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました