ジェームズ・コバーン

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「シャレード」(1963年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

題名の「Charade」はなぞなぞを意味する。フランス語では、謎解き、謎言葉という意味になるようだ。どんでん返しアリのミステリーとラブロマンスが一緒になった映画である。後半展開は見事だが、なんというか、プロットは面白いのだが、演出が悪いために今一つの印象になってしまう。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「大脱走」(1963年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

第二次大戦中、脱出絶対不可能とうたわれたドイツの捕虜収容所から、250名の連合軍捕虜が大量脱走したという実話の映画化。原作は当時英空軍スピットファイヤー・パイロットで、実際にこの大仕事に参加していたポール・ブリックヒル。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました