ショーン・コネリー

ギャング映画

映画「アンタッチャブル」(1987年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

原作は主人公のエリオット・ネス の自伝。この自伝を基にしたテレビドラマが大ヒットして、この映画は、そういう意味では二番煎じになる。だが、二番煎じだとしても、面白いことには変わりがない。
スパイ映画

映画「007 ドクター・ノオ」(1962年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

007シリーズの記念すべき第1作。すべてはこの映画から始まった。第1作は「007 サンダーボール作戦」になる予定だったそうだが、著作権に関する訴訟問題から映画化ができなくなり、本作が第1作となった。本作はイアン・フレミング原作の第6作にあたる。
歴史映画(西洋など)

映画「ロビン・フッド(1991年)」を観た感想と作品のあらすじや情報など

娯楽映画として十分に楽しめる。勧善懲悪の娯楽映画なので、時代考証などの歴史的なリアリティを考えてはいけない。ラブロマンスあり、アクションあり、最後にサプライズの俳優の登場ありと、てんこ盛りである。
アドベンチャー映画

映画「インディ・ジョーンズ3-最後の聖戦」を観た感想と作品のあらすじや情報など

「インディ・ジョーンズ」シリーズは、もともとスピルバーグが007シリーズを作りたいとルーカスに提案したのが始まりだったという。