映画「スター・ウォーズ7 フォースの覚醒」(2015年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー
この記事は約21分で読めます。
スポンサーリンク

感想/コメント

新たなトリロジーの始まり

トリロジー×トリロジー(=3×3)の合計9作で成り立つスター・ウォーズ

最初のトリロジーはアナキン・スカイウォーカーが主人公。
フォースのバランスが大きく乱れる。共和国制が揺らぎ、帝国が伸長していく時代を描いた。
アナキンはフォースのダークサイドに堕ちて、ダース・ベイダーが誕生するという物語でもあった。

次のトリロジーはアナキンの子どもたち(ルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナ)が主人公。
彼らがフォースのバランスを取り戻し、帝国を崩壊に導き、銀河に新たな平和が訪れる時代を描いた。
ダークサイドに堕ちたダース・ベイダーがライトサイドに戻ってきて物語は終わった。

そして、今回始まるトリロジーではどのような物語が展開されていくのだろうか。

赤い十字型ライトセーバー

赤い十字型ライトセーバー。赤いライトセーバーは「シス」の象徴。

従来のライトセーバーが「刀」を想起させるのに対して、「十字型」は西洋の「剣」をほうふつさせる。そこに何らかの意味があるのだろうか?

ジェダイの服が東洋っぽく、ナチュラルな天然系の風合いがあるのに対して、シスはファシズム、ナチ的なメカニックな印象があるが…

映画シリーズ(時系列)

スター・ウォーズ(=スカイウォーカー・サーガ)のおすすめの見る順番は次の通り。つまり、順番通り。

千の顔をもつ英雄」で分析されたように、サーガは3段階を経る。ミクロの視点での初代アナキン・スカイウォーカーの3段階、2代目ルークとレイアの3段階、3代目レイとカイロ・レンの3段階、そして、マクロの視点ではスカイウォーカー一族としての3段階。

この流れで見ないと、スター・ウォーズの本来のストーリーを追うことができないのではないだろうか。

登場人物についての展開の速さ

エピソード7では、登場人物の展開というか、人物紹介/ネタバレが速い。

極めつけはカイロ・レンがハン・ソロとレイアの息子であることが早々にわかってしまうことである。

これだけ早く正体をばらしてしまうということは、気が付いていないところで、別の伏線を張っている可能性があるのではないか。

それよりも何よりも、ハン・ソロが死んでしまうなんて、なんて残念なことなんだろう・・・。

って、本当に死んだのか?

レイとは何者か?

今回のトリロジーの主人公はレイという女性。幼いころに家族に置いて行かれ、今も家族の帰りを待ち続けている。

置いて行かれた際に一緒にいた人物がきちんと映っていない、どうやって生き延びてきたのかがよくわからない、そもそも、誰が親なのかが分からない、というミステリアスな設定になっている。

だが、このスター・ウォーズはスカイウォーカー一族のサーガであることから、彼女もスカイウォーカーと思われる。(作品からはカットされたが、それが分かるセリフが入った予告編があった。)

作品中、エピソード1のアナキンを彷彿させるシーンがたびたび出る。天才的なパイロットであったり、余計なことをして(レイは猛獣ラスターを解き放ってしまう)窮地を招くものの、何とか乗り切ってしまうところなど、アナキンにそっくりだ。

そして、なによりも、きわめて強いフォースをもっており、訓練していないにもかかわらず、目覚めてしまう/覚醒してしまう点だ。これは(隔世)遺伝によるものだろう。

スカイウォーカー一族

最初のスカイウォーカーであるアナキンが「選ばれし者」であり、フォースにバランスをもたらすものとされていた。

実際は、彼がフォースのバランスを崩すことになり、ジェダイもシスの双方が壊滅的にいなくなり、宇宙全体からフォースが無くなろうとしたくらいだ。

このエピソード7でもフォースは伝説のものだという語られ方をされている。それくらい、無くなってしまったのだ。

二人目のスカイウォーカーである息子のルークは、バランスがダークサイドに傾いたフォースを均衡状態へ戻した。

彼の役目は、新たなジェダイを育て、宇宙全体でのフォースを取り戻すことにある。だが、カイロ・レンがダークサイドに堕ちるなど、ジェダイの育成に苦戦している。

スカイウォーカー一族の役目とは、フォースにバランスをもたらすことである。

となると、三人目のスカイウォーカーによって、フォースのバランスがもたらされ、スカイウォーカー一族のサーガは終わらなければならない。

フォースのバランスはどのようにしてもたらされるのかということだが、これはフォースと一体になることだと思う。

これまでフォースと一体になったのは、クワイ=ガン・ジン、ヨーダ、オビ=ワン・ケノービ、アナキン・スカイウォーカーだが、いずれも死とともに一体となっている。

本当にフォースと一体なるというのは、おそらく生きたまま、一体化することなのではないだろうか。

そうすることで、フォースのライトサイドもダークサイドも無くなり、宇宙にバランスがもたらされるということなのではないだろうか。

タトゥイーンが登場しない

レイの住んでいる星が、砂漠の星であるのは、これまでのトリロジーの第1作と同じである。だが、タトゥイーンではない。

今回のトリロジーでは登場する惑星群がこれまでと異なっている。登場する惑星の性質もこれまでよりも早い。

性質というのは、雪の惑星であるとか、海の惑星であるとかということだが、雪の星が早々に登場するのは、これまでのトリロジーと異なっているし、海の星が登場するのも早い。

このエピソード7でこれまでのトリロジーよりもあらゆる点において展開が速く感じるのは、こうした登場する惑星群にも現れている。

エピソード8と9ではどういった惑星が舞台になるのだろうか。

エピソード9の本当の最後の最後には、タトゥイーンが登場するはずである。スター・ウォーズというサーガの始まりであり、それゆえに、スカイウォーカー一族のサーガが終わる場所ででなければならない。

タトゥイーンに始まった神話は、タトゥイーンで終わるというのが、もっとも綺麗だと思う。

雑文

ジェームズ・ボンド役などで知られるダニエル・クレイグが出演している。ファースト・オーダーに拘束されたレイを見張るストームトルーパー役なので分かりづらい…。

フォースの覚醒のロケ地

「パズルの森」が、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のロケ地となったことで、新たな人気観光スポットになりつつあるそうだ。

まるで別世界のパズルウッドの風景は、地下鍾乳洞の浸食と隆起を通してできあがった「スカウル(Scowle)」と呼ばれる地形が一因。不規則で、迷路のようなくぼみや盛り上がった道などが、森に神秘的な雰囲気を与えている。

 パズルウッドの敷地内にはカフェや専用の遊び場も設けられ、入場料は大人が6.50ポンド(約1150円)、小人(3~16歳)は5.30ポンド(約950円)、2歳以下は無料となっている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3072194
スポンサーリンク

スター・ウォーズのオススメの見る順番を英雄伝説の構造から探ります

独自解釈

スター・ウォーズは3部作が3つの合計9作品で成り立っている。トリロジー×トリロジーである。

ジョーゼフ・キャンベルが世界中の英雄伝説を分析した「千の顔をもつ英雄」の影響を強く受けていることは有名な話だが、ジョーゼフ・キャンベルは世界中の英雄伝説を分析して、その共通する構造を明らかにしている。

極めて単純化すると、3段階に分かれており、1.分離・旅立ち(せパレーション:)、2.通過儀礼(イニシエーション)、3.帰還(リターン)となる。

スター・ウォーズを見る際には、この3段階を念頭にみると見え方が変わってくる。そして、トリロジー×トリロジーとなる理由もわかってくるのではないだろうか。

また、設定も未来を模しているものの、ところどころで古代設定を交えている。必ずオープニングタイトルで流れるように「遠い昔、遥か彼方の銀河系…」の物語となっているように、未来の話ではなく、遥か彼方の銀河系で繰り広げられた「歴史物語」なのである。

古代の英雄伝説に影響を受けている部分があるからだろう。つまり「サーガ」だからだ。

スカイウォーカー一族のサーガ

アナキン・スカイウォーカー

スター・ウォーズはスカイウォーカー一族の「サーガ」である。

すべての始まりはアナキン・スカイウォーカーから始まりまる。

アナキンは特殊な存在である。母・シミ・スカイウォーカーが語るようにアナキンには父がいない。

ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンは、ジェダイ評議会でアナキンは、強いフォースを作り出すミディ・クロリアン(すべての細胞にある微小生物)によって受胎して生まれたのかもしれないと説明している。

つまり、アナキンがフォースそのものから生まれた子であり「選ばれし者」ということである。それゆえに、伝説の「フォースにバランスをもたらす者」と期待されることになる。

この設定はイエス・キリストの処女懐胎で生まれた神の子という設定をほうふつさせる。また、アナキンが生まれ育った場所が砂漠の惑星だったというのも、イエス・キリストの生まれ育った地を想起させる。

この設定から考えられるのは、アナキンにフォースの原罪を背負わせているのではないかということだ。フォースの原罪というのは、どういうことかは下記に記載。

アナキンが生きた時代はフォースのバランスが大きく乱れた。共和国制が揺らぎ、フォースのダークサイドが支配する帝国が伸長していく時代である。

この時代にあって、アナキンはフォースのダークサイドに堕ち、ダース・ベイダーとなり、息子のルーク・スカイウォーカーがダース・ベイダーとなったアナキンの中にあった善なる魂を呼び起こしてライト・サイドに戻らせて、アナキン・スカイウォーカーの物語は終了する。

フォースの原罪はアナキン・スカイウォーカーと共に消えたのかというと、そうではなさそうだ。物語が続き、なによりも、フォースにバランスがもたらされていない。

アナキン・スカイウォーカーが死んだ時には、フォースのライト・サイドであるジェダイも、ダーク・サイドであるシスも数を減らしている。フォースの全体量が減ってしまっているわけだが、減っただけでバランスに関係しているわけではない。

ルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナ

次のトリロジーはアナキンの子どもたち(ルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナ)。

この時には、フォースというもの自体が消滅の危機にある。バランス云々というどころではない。

強いていうならば、ダーク・サイドの力が強く、フォースのバランスがダーク・サイドに偏っている。

その偏ったフォースのバランスをライト・サイドに揺り戻すのがルーク・スカイウォーカーである。

ただ、彼を見ればわかるように、そもそものフォースの力が弱いのが特徴である。つまり、総和でのフォースが弱くなえうに連れて、個々のフォースも弱くなってしまったようだ。

あたかもフォースそのものが消えていくかのような感じなのがルーク・スカイウォーカーの時代なのである。

アナキンの力を受け継いだルークとレイアは、本来一体であるべき存在なのかもしれない。それが二人に別れる事で、フォースも本来の力を分散してしまったのではないかと思う。

双子という設定も暗示的であえう。どちらがどうということではないが、陰と陽を表している気がしてならない。

となるとルークとレイアの特には表出しなかった陰陽の対立が次の世代で起きるのではないかと思う。そうでなければ、バランスをもたらすことができなくなるからである。

レイとカイロ・レン、そしてフォースにバランスをもたらす

映画の中において、フォースをそもそも信じない者が出てきている。まるでまやかしのようなものとして捉え、胡散臭いものとして考える者が増えてきている。

かつてジェダイが活躍した時代がまるで存在しなかったかのようになっているの。

レイアの息子であるカイロ・レンはダーク・サイドに落ちた。ここでも奇妙なことに、母と息子という陰陽の関係が見える。

まだ正体の分かっていないレイだが、ルークの娘だとすると、こちらでも陰陽の関係が生まれ、綺麗な関係が生まれる。だが、そうではなさそうだ。

初代のアナキン・スカイウォーカーは内面にライト・サイドとダーク・サイドを抱え込む二重性を持っていた。

スター・ウォーズの大きなストーリーの一つに、フォースにバランスをもたらす物語というものもあると思っているが、アナキンから始まった、バランスをもたらす物語は、3代目のレイとカイロ・レンの時代に結末を迎えるはず。そうでないと、初期設定が何の為に与えられたのかが分からなくなる。

サーガの最後、フォースは宇宙と一体となることにより、つまりは消えることでエンディングになるのではないかと思っている。伏線はあり、フォースと一体になったクワイ=ガン・ジンやオビ・ワン=ケノービ、ヨーダなどのように、フォースそのものが、宇宙と一体になるのではないかと考える。

そうなることで「フォースという不思議な力があった伝説の時代の物語」が終了する。神話の終了である。

世界観

ルーカスは、エドガー・ライス・バローズ、E・E・スミス、フランク・ハーバートなどのSF作品、グリム童話やC・S・ルイス、J・R・R・トールキンなどのファンタジー、金枝篇や各地の神話などを読み込んで構想を練ったそうだ。

だが、神話の中で特に大きな影響を与えたのが、神話学者ジョセフ・キャンベルの「千の顔をもつ英雄」だったと言われている。

上記にも記したが、この本は英雄の物語の構造について書かれている。英雄の物語は、1.分離・旅立ち(セパレーション:)、2.通過儀礼(イニシエーション)、3.帰還(リターン)となる。

また、「フォース」の概念については、カルロス・カスタネダの「未知の次元」から影響を受けたそうだ。とくに、オビ=ワン・ケノービが消失してフォースと一体化するというアイデアは「未知の次元」から得たという。

吟遊詩人としてのドロイド

英雄譚にはそれを語り継ぐ、吟遊詩人や語り部の存在が必要である。後世に伝える者がいなければ、伝説にならないからだ。

スター・ウォーズでスカイウォーカー一族の英雄譚を語り継ぐのはC3-POとR2-D2である。彼らがエピソード1から登場しているのは、そうした役割があるからだと思う。

伏線は映画の中にもある。エンドアの戦いが終わり、C3-POがイウォーク族にそれまでの戦いの様子を語る場面がある。まさに、そうした役割にふさわしいのが2体のドロイドなのである。

本来、この2体だけで進行するのが綺麗なのだが、エピソード7で新たなドロイドが登場する。BB-8である。個人的にはBB-8の登場は蛇足だと思う。

スポンサーリンク

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

オープニング・クロール

遠い昔、遥か彼方の銀河系…

ルーク・スカイウォーカーが突然姿を消した。彼のいなくなっている間に帝国の残党”ファーストオーダー”が台頭していた。

最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーを抹殺するまでは探しつづける。

共和国の協力のもと、レイア・オーガナ将軍はレジスタンス率いていた。彼女は兄・ルーク・スカイウォーカーを見つけ出し、助けを得て、銀河の平和の安定を目指していた。

レイア将軍は最も信頼するパイロットを砂漠惑星ジャクーへの極秘任務へと派遣した。古い知り合いがルークの居場所に繋がる鍵を握っているというのだ…。

ポー・ダメロンとBB-8登場

第2デス・スターが破壊されたエンドアの戦いから約30年後。銀河帝国は過去の存在となり、反乱同盟軍は新共和国へと再編されていた。

ルーク・スカイウォーカーの居場所を示す地図を手に入れるため、レジスタンスのパイロットで最も優秀なポー・ダメロンが、レイアの指示でドロイドのBB-8と砂漠の惑星ジャクーに来ていた。

レイアの長年の支援者ロー・サン・テッカの村を訪れるためだ。

ポー・ダメロンはレイアの旧友ロア・サン・テッカから地図を受け取った。だが、すぐにカイロ・レン、キャプテン・ファズマ率いるストームトルーパー部隊がテッカを襲った。

この襲撃のさなか、仲間の死に面したストームトルーパーが動揺する。FN-2187だ。彼は1人だけこの殺戮に加われずにいた。

ポー・ダメロンはBB-8とXウイングに乗り込み離陸して逃げようとするが、ストームトルーパー達に見つかり、ブラスターでXウイングの後部を破壊され離陸できなくなってしまう。

ポー・ダメロンはBB-8に地図データを託し遠くへ逃げるよう命じた。

テッカをライトセーバーで斬り殺したカイロ・レンに立ち向かうが、カイロ・レンにフォースで動きを止められファースト・オーダーの捕虜になる。

ポー・ダメロンはスター・デストロイヤーに連行され拷問を受けるが、ルークの所在を示す地図の在りかを答えなかった。

カイロ・レンはフォースを使い、ポー・ダメロンから地図をBB-8が持っていることを聞き出し、カイロ・レンはハックス将軍にBB-8を捕らえるよう命じた。

レイ登場

ジャクー。

廃品回収で生計を立てているレイが家の外で夕飯を食べていた。レイはずっと家族を待っている。

レイが廃品回収業者のティードーに網で捕えられたBB-8を見つけた。網を切りBB-8を解放し、BB-8に行きたい所へ行けと言うが、BB-8はレイと一緒にいることを選んだ。

翌日。廃品をジャンク業者の元締めアンカー・プラットに売りに行った際に彼から高値と引き換えにBB-8を渡すよう言われたが断った。アンカーはBB-8を諦めきれず追手を寄越した。

ポー・ダメロンと脱出するフィン

ストームトルーパーのFN-2187がポー・ダメロンを解放した。

ジャクーでの虐殺をみてファースト・オーダーから逃げたいと思ったFN-2187は、宇宙船を操縦できる仲間を必要としていた。

二人はTIEファイターを奪ってスター・デストロイヤーから脱出した。

ポー・ダメロンは名前がなかったFN-2187をフィンと名づけた。

二人の乗るTIEファイターはジャクーの軌道でスター・デストロイヤーの砲撃を受け、ジャクーへ墜落した。

フィンはポー・ダメロンを探したが、見つからない。ポー・ダメロンの来ていた服だけが見つかった。その服を身にまとい、フィンは歩き続けた。

レイとフィンの出会い

ある集落にたどりつき、フィンはレイとBB-8に出会った。フィンはレイに自分はレジスタンスだと嘘をついた。

BB-8を捜索していたファースト・オーダーのストームトルーパー数人とTIEファイター数機が現れ、銃撃と空爆を開始する。廃品回収業者たちの寄り合い所は混乱のるつぼと化した。

逃げるレイ、フィン、BB-8。

アンカー・プラットが所有するポンコツ貨物船に乗り込んで辛くも逃げ切った。その船はミレニアム・ファルコンだった。

ハン・ソロとチューバッカ

突然ファルコンは謎の大型船エラヴァナにトラクター・ビームで捕獲される。

船内に乗り込んできたのはハン・ソロとチューバッカだった。

ハン・ソロはレイとフィンにフォースやジェダイは実在したと語った。

そして、ルーク・スカイウォーカーの弟子がダークサイドに転向してカイロ・レンになったことも二人に教えた。ルークが隠遁してしまった理由はそうしたことだったのだ。

ハン・ソロから借金を取り立てようとするバラ・ティク率いるグアヴィアン・デス・ギャングとタス・リーチ率いるカンジクラブが船に乗り込みハン・ソロを捕らえようとする。

レイは彼らを隔離しようと試みるが、誤って、猛獣ラスターを解き放ってしまう。

船内は大混乱に陥る。混乱に生じて、4人はファルコンで脱出する。

バラ・ティクはBB-8がハン・ソロの元にいることをファースト・オーダーに報告する。

ハン・ソロはBB-8が持っている地図が不完全であることを知り、BB-8をレジスタンスへと届けるため惑星タコダナへ向かった。

マズ・カナタの館

惑星タコダナ。

ハン・ソロは、カンティーナの主人マズ・カナタにBB-8をレジスタンスに届けるため協力を求めたが、1000年以上生きてきた彼女は、ハンが自分自身の手で直接届けるべきだと言って拒否した。

ファースト・オーダーの恐ろしさを知るフィンは銀河辺境への逃亡を望んだ。レイに懇願されても、フィンの意志は変わらなかった。

フィンは自分がストームトルーパーの脱走兵であることを明かして立ち去った。

フィンとライトセーバー

酒場に残されたレイに不思議な声が聞こえてきた。

その声を追いかけてBB-8と地下の貯蔵所へ向かった。

貯蔵には、アナキン・スカイウォーカー、ルーク・スカイウォーカーが使っていたライトセーバーがあった。

レイがライトセーバーに触れた瞬間、フォースが強く干渉し強烈なヴィジョンを見る。

”惑星べスピンのクラウド・シティ。”

”ルークが俯いてR2-D2の頭を撫でている。右手は義手だ。”

”カイロ・レンと彼が率いる兵士の反乱。”

”幼い頃のレイが砂の惑星ジャクーに置き去りにされた時のこと”

などだ。

レイはマズからライトセーバーを手にする運命であることを告げられるも、それを拒んで森へ逃げた。

カイロ・レンとスノーク

ファースト・オーダーのスターキラー基地では、最高指導者スノークがハックス将軍にデス・スターを凌ぐ超兵器の使用を命令する。

ハックスが兵士を前に演説をした。

それは新共和国の終焉を宣言するものだった。

演説が終わると当時に、惑星そのものが超兵器へと改造されていたスターキラー基地から、強力なビームを発射して新共和国元老院が置かれていたホズニアン・プライム星系を消滅させた。

カイロ・レンはスターキラー基地で最高指導者スノークに任務の顛末を報告していた。

スノークはカイロ・レンに対してフォースのライトサイドと決別するために、父ハン・ソロとの対決を乗り越える必要があると告げた。

苦悩するカイロ・レンは祖父ダース・ベイダーの壊れたマスクの前に跪きながらライトサイドの誘惑に打ち勝てるように願った。

ファースト・オーダーの襲撃

ファースト・オーダーがタコダナへ攻撃してきた。

マズはフィンにライトセーバーを預けた。

ハン・ソロ、チューバッカ、フィンはファースト・オーダーに包囲された。そこに、ポー・ダメロンが率いるレジスタンスのXウイング部隊が登場した。

レイはカイロ・レンに捕えられ、スターキラー基地に連行されてしまう。

カイロ・レンはレイを尋問するが、レイはカイロ・レンのフォースに抵抗した。

そして、レイは自らのフォースに覚醒した。レイはフォースを使って独房から脱出した。

ハン・ソロとレイアの再会

タコダナにレジスタンスのレイアとC-3POが到着した。ハン・ソロ、チューバッカとの再会だ。

タコダナの戦いが終わった後、ハンたちはレジスタンスの基地がある惑星ディカーへ向かった。

フィンはレイを救出するためレジスタンスにスターキラー基地の情報を提供した。スターキラー基地はディカーを滅ぼすため太陽エネルギーを充填し始めていた。時間がない。

ディカーのレジスタンス基地において、BB-8はR2-D2を見付けるが、R2-D2はルークの失踪以来活動をスリープモードになっている。

スターキラー基地がディカーを砲撃する準備をしているため、レジスタンスはスターキラー基地を破壊するための作戦を立てた。

ハン・ソロはレイアに自分たちの息子を生きたまま連れ戻すことを約束する。

レイの救出

ハン・ソロ、チューバッカ、フィンはファルコンに搭乗し、スターキラー基地に潜入する。

キャプテン・ファズマを脅して基地のシールドを解除した。そして、探していたレイを見つけた。

レジスタンスのXウイング部隊は基地への攻撃を開始する。苦戦を強いられているXウイング部隊を手助けするため、ハン・ソロは基地に爆薬を仕掛けて支援することを決意する。

ハン・ソロがカイロ・レンと遭遇する。彼をカイロ・レンの本名であるベンと呼びながらフォースのダークサイドを捨てるよう説得する。

だが、カイロ・レンはライトセーバーでハン・ソロを貫いた。ハン・ソロの身体はリアクター・シャフトへと落下していった。

怒り叫ぶチューバッカは、ボウキャスターでカイロ・レンの脇腹を撃ち抜き深手を負わせた。

チューバッカが爆弾を起動したおかげで施設内へ通じる穴が開き、ポー・ダメロンはスターキラー基地を内部から崩壊へ導いた。

基地の爆発を視認したレジスタンスは猛攻を仕掛け、スターキラー基地の内部のコアを攻撃し、破壊に成功する。

レイ対カイロ・レン

基地から脱出し、森にあるファルコンへ向かうフィンとレイ。

カイロ・レンは雪の降る森の中でフィンとレイを追い詰めた。

レイはブラスターでカイロ・レンと応戦しようとするが、彼のフォースで大木に叩きつけられ気絶してしまう。

フィンはマズ・カナタから預かったライトセーバーでカイロ・レンと戦うも、カイロ・レンのライトセーバーにより重傷を負ってしまう。

フィンの手から離れたルークのライトセーバーを、カイロ・レンはフォースで引き寄せようとするが、宙を舞うライトセーバーはカイロ・レンの手中にではなく、レイの手の中に納まった。レイがフォースで引き寄せたのだ。

レイはライトセーバーでカイロ・レンに挑むが、猛攻を仕掛けるカイロ・レンに窮地に立たされる。

その時、レイはフォースと調和して、カイロ・レンに大きな傷を負わせる。

コアが破壊された影響で、スターキラー基地は崩壊を始め、レイとカイロ・レンの2人の間の地面に亀裂が入り、引き離されたことによって二人の対決は一旦終わりを告げる。

脱出

ハックスはスノークに指示を仰ぎ、スノークはカイロ・レンを連れて脱出するよう命令する。

レイとチューバッカは負傷したフィンを連れ、ファルコンで崩壊するスターキラー基地から脱出する。

ディカーにおいて、レジスタンスは勝利を祝うが、レイアとチューバッカ、レイはハン・ソロの死を悼む。

R2-D2が目を覚ました。R2-D2とBB-8のデータを合わせると、ルークの居場所を示す完全な地図が出来上がった。

ルーク・スカイウォーカー

レイは、チューバッカやR2-D2と共に遠く離れた惑星へ降り立った。

レイが一人の老人と出会った。ルーク・スカイウォーカーだった。

映画情報(題名・監督・俳優など)

StarWars7

スター・ウォーズ7/フォースの覚醒
(2015年)

監督:J・J・エイブラムス
製作:キャスリーン・ケネディ,J・J・エイブラムス,ブライアン・バーク
製作総指揮:トミー・ハーパー,ジェイソン・マクガトリン
キャラクター創造:ジョージ・ルーカス
脚本:ローカイロ・レンス・カスダン,J・J・エイブラムス,マイケル・アーント
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演:
レイ/デイジー・リドリー
フィン/ジョン・ボイエガ
ハン・ソロ/ハリソン・フォードハン・ソロ
レイア・オーガナ/キャリー・フィッシャー
カイロ・レン/アダム・ドライヴァー
ポー・ダメロン/オスカー・アイザック
マズ・カナタ/ルピタ・ニョンゴ
最高指導者スノーク/アンディ・サーキス
ハックス将軍/ドーナル・グリーソン
キャプテン・ファズマ/グウェンドリン・クリスティー
C-3PO/アンソニー・ダニエルズ
R2-D2/ケニー・ベイカー
チューバッカ/ピーター・メイヒュー
ルーク・スカイウォーカー/マーク・ハミル
ロア・サン・テッカ/マックス・フォン・シドー
スナップ・ウェクスリー/グレッグ・グランバーグ
ティードー/キラン・シャー
タス・リーチ/ヤヤン・ルヒアン
ラズー・クイン=フィー/イコ・ウワイス
スタトゥラ提督/ケン・レオン
アクバー提督/ティム・ローズ
ダトゥー大佐/ロッキー・マーシャル
ダニエル・クレイグ

タイトルとURLをコピーしました