映画「雨に唄えば」(1952年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

10. ミュージカル・音楽
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

感想/コメント

サイレント映画からトーキー映画に移る時代を描いたコメディ・ミュージカル。

ジーン・ケリーが土砂降りの雨の中で、「雨に唄えば」を歌いながらタップダンスを踊る場面は、間違いなく名シーンである。

ジーン・ケリーやデビー・レイノルズの芝居もよいのだが、この映画では、ドナルド・オコナーがとてもいい。
タップダンスをジーン・ケリーと一緒に踊るシーンがあるが、ドナルド・オコナーの方が同じタップを力まずに自然に踊れているように思う。

素人目には、ジーン・ケリーは一生懸命に踊っているが、ドナルド・オコナーは同じ踊りを難なく踊っているように見える。

どちらが上手なのかはわからないが、自分はドナルド・オコナーの踊りの方が好きだ。

そして、コメディアンらしく体を張った数々の演技は、今日の映画では見られなくなったが、見とれてしまうほど素晴らしい。

スポンサーリンク

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

ドン・ロックウッドとコスモ・ブラウンの2人はヴォードヴィルの人気者、切っても切れぬ仲の良い友人だった。

1920年代、2人はハリウッドにやって来て、インペリアル撮影所で仕事をみつけた。

ドンは西部劇でスタント・マンになり、俳優としてサイレント映画のスターになった。

やがてドンは大女優リナ・ラモントはドル箱の映画スターとして、そして大スター同士のカップルともてはやされるようになった。

しかし実際は、作られた仲であり、リナが一方的にドンに惚れているだけであった。

あるとき、ドンが若くて歌も踊りもうまいケーシーと恋仲になった。

リナはこれを気に食わず、ナイトクラブに職をもっていたケーシーをクビにさせてしまった。

ケーシーは町を去り姿を消してしまった。

そのころ最初のトーキー映画「ジャズ・シンガー」が世に出て大当たりをとった。

ハリウッドにトーキーの波が押し寄せてきたのだ。

インペリアル撮影所のボス、R・F・シンプソンも作りかけだったドンとリナの新しい主演映画「決闘の騎士」をトーキーで作ることにきめた。

しかしながら、トーキーのノウハウを知らなかったことに加え、一番の問題はリナが致命的な悪声の持ち主であったために映画の試写会は散散な結果に終わる。

その撮影中、ケーシーは同じ撮影所で製作中のミュージカルに端役で出演していた。

コスモの発案でリナの声をケーシーの声に吹きかえ、映画は「踊る騎士」と改題され素晴らしい好評を博した。

リナは名声を維持しようと、シンプソンにケーシーを自分の影の声としてこれからも使うように要求した。

だが、ドンはコスモやシンプソンと力をあわせ、リナの声が偽りものであることを暴いたのだった。

スポンサーリンク

映画情報(題名・監督・俳優など)

Singin'InTheRain

雨に唄えば
(1952年)

監督: ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン
脚本: アドルフ・グリーン、ベティ・コムデン
作曲: ナシオ・ハーブ・ブラウン
音楽: レニー・ヘイトン

出演:
ドン/ジーン・ケリー
キャシー/デビー・レイノルズ
コズモ/ドナルド・オコナー
リナ/ジーン・ヘイゲン
シンプソン/ミラード・ミッチェル
デクスター/ダグラス・フォーリー
ドンのダンスパートナー/シド・チャリシー
ゼルダ/リタ・モレノ

受賞

  1. 英エンパイア 史上最高の映画100本 2017年版
  2. 米Yahoo! 死ぬ前に見たい映画100 2009年版
  3. AFI選 偉大なアメリカ映画ベスト100 2007年版
  4. AFI選 偉大なアメリカ映画ベスト100 1998年版
タイトルとURLをコピーしました