映画「僕の彼女はサイボーグ」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

感想/コメント

きっと彼女は、もう一つの「ターミネーター」なのでしょう。

その登場の仕方といい、未来から主人公を守りに来たという設定といい、近い将来に街が壊滅的な打撃を受ける点といい、よく似ています。

これで主人公を殺しに来る敵がいれば完璧でした。敵が登場しなかったのは、忘れていたからでしょうか?きっとそうに違いありません。

スポンサーリンク

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

2007年11月22日。誕生日を祝ってくれる友人もいない大学生・北村ジローは20歳の誕生日をひとりで祝っていた。そして、自分へのプレゼントを買うためデパートを訪れる。そこで彼は、「彼女」と出会う。

彼女はワンピースに着替え、お金を払わずデパートを出ていく。

彼女は、ジローが食事をしていたレストランにも出現。

「私も今日、誕生日なの」。彼女の勢いに押し切られ、ジローは彼女と誕生日を過ごす。

彼女は予測不可能な言動を繰り返し、ジローを振り回す。

今まで体験したことのないエキサイティングな夜を過ごしたジローは、彼女に急速に惹かれていく。

しかし、数時間後に彼女はジローに謎めいた言葉を投げかけ、ジローの前から突然姿を消してしまう。

2008年11月22日。1年後、ジローの21歳の誕生日。彼女と食事したレストランをまた訪れたジローは、21歳の誕生日をひとりで祝っていた。そのジローの前に、再び彼女が現れる。

しかし去年の彼女とどこか雰囲気が変わっている。

2人がレストランで食事をしていると、男が銃を乱射する事件が起こる。

ジローは撃たれそうになるが、彼女に助けられる。

彼女は、未来のジローが自身を守るために送り込んだサイボーグだった。

さらに彼女は、ジローの努力次第で感情を持つこともできるようにプログラミングされていた。

ジローは彼女と共同生活を始める。彼女はジローの大学やバイト先にもついていき、ジローを日常の危機から救っていく。

ジローは彼女に心惹かれるようになるが、サイボーグである彼女には彼の気持ちは理解できなかった。

ジローは彼女に嫉妬させようと、他の女の子とデートをする。しかし彼女は嫉妬という感情が理解できない。

ジローは気持ちが伝わらない絶望感から、ついに彼女を追い出してしまう。

そんなある日、大震災が発生した…。

スポンサーリンク

映画情報(題名・監督・俳優など)

Bokunokanojo

僕の彼女はサイボーグ
(2008年)

監督・脚本:郭在容(クァク・ジェヨン)
音楽(作曲):大坪直樹、古川ヒロシ、郭演晋、佐々木潤(主題歌)、Hi-Fi CAMP(挿入歌)、Yemin(挿入歌)

彼女 / 綾瀬はるか
北村ジロー / 小出恵介、喜内琉斗(幼少)
ジローの友人(サトーケンタ) / 桐谷健太
22世紀の学生 / 吉高由里子
女友達 / 阿井莉沙
女性教員 / 佐藤めぐみ
無差別殺人犯 / 田口浩正
警官 / ドロンズ石本
亮介 / 大和田唯斗
矢野高志 / 中上海輔
インタビュアー / 松本莉緒
酔っ払い通行人 / 六平直政
駄菓子屋店主 / 蛭子能収
老後ジロー / 納谷六朗
ザイナー(プリティ・ナカノ) / 伊武雅刀
オークション司会者 / 遠藤憲一
大学教授 / 竹中直人
ジロー祖母 / 吉行和子
TVリポーター / 小日向文世

タイトルとURLをコピーしました