ギャング映画

ギャング映画

映画「明日に向って撃て!」(1969年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

1969年のアメリカ映画。アメリカン・ニューシネマの傑作として知られているので、反体制的な色合いの強いギャング映画なのかと思っていた。それこそ、権力に屈せず、ひたすらあがく姿が描かれるのかと思っていた。全く違っていた。主人公二人の青春グラフィティの要素が強いように感じた。
ギャング映画

映画「俺たちに明日はない」(1967年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

この映画の最も印象的なシーンは最後の「死のバレエ」だろう。機関銃で87発の銃弾を浴びて絶命するボニーとクライド。弾が当たるたびに体がバレエを踊るようだったためにそう名付けられたのだろう。さて、この映画はアメリカン・ニューシネマの代表作として知られる。
ギャング映画

映画「アンタッチャブル」(1987年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

原作は主人公のエリオット・ネス の自伝。この自伝を基にしたテレビドラマが大ヒットして、この映画は、そういう意味では二番煎じになる。だが、二番煎じだとしても、面白いことには変わりがない。
ギャング映画

映画「波止場」(1954年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

物語としては面白いが、映画は脚本と役者と撮影と音楽がうまく絡まないといけないことを教えてくる映画だ。この映画は音楽がいまいちだ。いまいちというのは全然印象に残らないということである。
ギャング映画

映画「ギャング・オブ・ニューヨーク」(2001年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

この映画で描きたいのはアメリカの移民の歴史である。その歴史を、独立を勝ち取ったスコットランド系と、「ホワイト・ニガー」と呼ばれて、黒人同様の差別を受けていたアイルランド系のギャングの立場から描いている。
お気に入り映画

映画「ユージュアル・サスペクツ」を観た感想と作品のあらすじや情報など(おすすめ映画)

ミステリー映画の傑作のひとつだと思う。最後5分のネタバラシとドンデン返し。これほど鮮やかなシナリオはそうそうない。回想によって物語が展開していき、さまざまな伏線が張られ、緻密に積み上げられていくシナリオ。
お気に入り映画

映画「スティング」を観た感想と作品のあらすじや情報など(おすすめ映画)

どんでん返しモノの名作。とても小気味いい映画である。主題歌の「ジ・エンターテイナー」も有名で、一度は耳にしたことがあるはずである。もともともはスコット・ジョプリンの曲を30年代に編曲した曲。
ギャング映画

映画「ゴッドファーザーPARTIII」を観た感想と作品のあらすじや情報など

それまでの壮絶な人生が嘘のような最期。それを描いたラストシーンは名場面である。この外伝的な作品はマイケルの晩年を描いたもので、世界を揺るがした大スキャンダルであるロベルト・カルヴィ暗殺事件を筋のモチーフに用いた作品となった。
ギャング映画

映画「ゴッドファーザーPARTII」を観た感想と作品のあらすじや情報など

この前作と本作を合わせて一つの作品として捉えることができる。親子二代にわたるマフィアとして生きるしかなかった男たちの人生を描いた作品である。映画は2つの物語が同時進行で語られる。
お気に入り映画

映画「ゴッドファーザーPARTI」を観た感想と作品のあらすじや情報など(おすすめ映画)

この作品を越えるギャング映画は出ないだろう。夏のコルレオーネの屋敷で行われる娘コニーの結婚式から物語は始まる。そして印象的な場面が続く。