4) 面白い

06. アドベンチャー

映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(2018年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント ジュラシック・ワールドの第2作目 ジュラシック・パーク3部作に続くジュラシック・ワールドの第2作目。シリーズ通算5作目。 ジュラシック・パークでおなじみのマルコム博士が序盤と終盤に登場します。 これ...
02. ファンタジー

映画「ドクター・ドリトル」(2020年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント To the children , for the children , by the children イギリス出身の児童文学作家ヒュー・ロフティングによる「ドリトル先生」シリーズを原作とした冒険ファンタジー...
10. ミュージカル・音楽

映画「はじまりのうた」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント タイトルは原題の方が良い 原題は「Begin Again」。やり直し、再開、出直しといったニュアンスになるでしょう。 原題のビギン・アゲインを映画タイトルにしたほうが良かったと思います。その方がこの映画の...
スポンサーリンク
08. アニメーション

映画「耳をすませば」(1995年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント カントリー・ロード 映画で印象的に使われている音楽が「カントリー・ロード」。 オリジナルはジョン・デンバーの「Take Me Home, Countory Roads」。作詞・作曲はジョン・デンバー、ビル...
04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「シン・ゴジラ」(2016年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

最初に出てきた怪獣が、何というか、オモチャ感が(特に目のあたり)酷くて、えぇ…!?となったが、きっとゴジラが登場して退治するのだろうと勝手に踏んでいた。まさか、進化、という発想になるとは思わなかった。だって、ビニール人形のような怪獣、しかもエラから体液を出して、息絶え絶えなのがゴジラに変身するなんて思わないじゃないか。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン2の第7話「義なき男」第8話「決戦前夜」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

様々な伏線が貼られるのが、この7話目と8話目。ブランとリコンの死の偽装は、しばらく物語のプロットに影響を与える。特にブランが、他者から切り離され、独自の物語を進んでいく大きな助けとなっていく。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン2の第5話「ハレンの巨城」第6話「古今の神々」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ブライエニーの運命が急変する。これ以後、ブライエニーはスターク家に寄り添う格好で登場する。そして、ジャクェン・フ=ガーの真の力が発揮される。ハードボイルドなところは、女性よりも男性に人気のある登場人物たるゆえんだろう。ジョン・スノウが運命的な出会いをし、これが後に北部における大きな状況の変化へとつながっていくことになる。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン2の第3話「鉄の決意」第4話「光と影」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

物語が動き始める。主要な登場人物の立ち位置が明確になり、新たな登場人物が色を添える。新たな登場人物の中で重要なのが、ブライエニーだろう。ブライエニー演じるグェンドリン・クリスティーはゲーム・オブ・スローンズの登場人物の中ではまり役の一人である。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン2の第1話「王の乱立」第2話「粛清」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

七王国中に王が乱立し始め、鉄の玉座を巡る争いが本格化し始める。ジョフリー・バラシオンが鉄の玉座に座り、残酷な本性を見せ始める。ジョフリーのモデルになったのは、ローマ時代の悪名高き皇帝カリギュラだという。

07. ファミリー,ドラマ

映画「愛と哀しみの果て」(1985年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

とても文学的な映画である。1985年のアカデミー賞で、作品賞をはじめ7部門を受賞している。面白い映画ではないが、退屈な映画でもない。退屈でないのは、カレンを演じるメリル・ストリープの演技力のおかげだと思う。原作は、1937年に出版されたアイザック・ディネーセンの小説「アフリカの日々」。アイザック・ディネーセンの本名はカレン・ブリクセン。彼女の半生を描いた自伝的小説。

1) 時代劇映画や歴史映画(日本)

映画「殿、利息でござる!」(2016年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント 配役がよかった映画 配役がとてもいい映画だったと思う。阿部サダヲをはじめとして、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平、草笛光子、山崎努といった俳優陣が個性あふれる役柄を演じきった。 中でもよかったのが、代官...
08. アニメーション

映画「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」(2016年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

機巧は「からくり」と読む。絡繰などの漢字を当てることもあるが、かな表記の方をよく見る。マギアナは、500年前の発明家によって誕生した人造ポケモン。どことなく、江戸時代のからくり人形を思わせるような設定である。江戸時代ほど古くはなくとも、なんとなく明治時代・大正時代をモチーフにしたスチームパンクっぽい。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「アメリカン・ビューティー」(1999年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

アメリカン・ビューティは映画を見る前に音楽を聞いていた。トーマス・ニューマンの奏でる音は、私が好んで聞くチル・アウト系での有名曲だ。この映画を印象付ける、穏やかで静かな雰囲気な曲である。

07. ファミリー,ドラマ

映画「大統領の料理人」(2012年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

2012年のフランスの伝記映画。「エリゼ宮殿」(フランス大統領官邸)に史上初の女性料理人として1980年代に2年間働いていたダニエル・デルプシュをモデルとしている。当時の大統領はフランソワ・ミッテラン仏大統領だった。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「エリザベス」(1998年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

エリザベス1世を描いた映画。エリザベス1世の女性としての側面に焦点を当てた映画。生涯結婚をしなかったことは知っていたが、恋人がいたことや、血なまぐさい謀略・暗殺の時代であったことは認識していなかった。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました