1) 最高

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「メメント」(2000年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

この映画が突き付けるのは人の記憶の不確かさであり、同時に生きるということの意義である。映画タイトルのメメントはラテン語の「思い出せ」から由来し、記憶、記念品、形見という意味がある。また、原作のタイトルは「メメント・モリ」で、自分がいつか死ぬことを忘れるなというラテン語の警句であり、そこから、死を記憶せよ、死を想えという意味になる。記憶と死が密接に絡み合うタイトルで、映画もその通りの内容になっている。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「ショーシャンクの空に」(1994年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

レッドが仮釈放になってからの終盤が見所だろう。「こうあって欲しい」という結末に向かって一気に突き進んで行ってくれる。とても清々しい気分となる終わり方だ。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「ユージュアル・サスペクツ」(1995年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

ミステリー映画の傑作のひとつだと思う。最後5分のネタバラシとドンデン返し。これほど鮮やかなシナリオはそうそうない。回想によって物語が展開していき、さまざまな伏線が張られ、緻密に積み上げられていくシナリオ。

スポンサーリンク
03. ミステリー,サスペンスなど

映画「ルパン三世 カリオストロの城」(1979年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

公開は1979年12月15日なので、正確にはリアルタイムで見たわけではない。だいぶたってから見ているが、きっと今見ても新鮮に楽しく見られると確信できる。

02. ファンタジー

映画「風の谷のナウシカ」(1984年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

この作品は何度見ても面白い。宮崎駿の初期の映画として「ルパン三世 カリオストロの城」とともに、何度見ても飽きない作品である。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「スティング」(1973年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

どんでん返しモノの名作。とても小気味いい映画である。主題歌の「ジ・エンターテイナー」も有名で、一度は耳にしたことがあるはずである。もともともはスコット・ジョプリンの曲を30年代に編曲した曲。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「紅の豚」(1992年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

ジブリ作品としては唯一のハードボイルドタッチの映画だと思う。「飛ばねぇ豚は、ただの豚だ。」というセリフは、まぁ、冷静に読めば間抜けなのだが、映画のワンシーンで見れば、かなりカッコいい。男のダンディズムといってもいいのかもしれない。

02. ファンタジー

映画「メリー・ポピンズ」(1964年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

児童文学を原作にしたミュージカル映画。米アカデミー賞5部門を受賞した名作である。原作はオーストラリア出身のイギリス女流作家の作家パメラ・L・トラヴァースによる児童文学シリーズ。

02. ファンタジー

映画「もののけ姫」(1997年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

「風の谷のナウシカ」が西洋的な文明をモチーフにしているとすると、本作は日本を舞台にして同じようなテーマを扱っている。人間と自然の関係、人間同士の争い・権力欲、自然との共生と近代化...。

1) 最高

映画「スタンド・バイ・ミー」(1986年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

少年期を描ききった、傑作作品であり「人生において二度観る映画」と称されるくらいである。一度目は少年時代に、二度目は大人になってから、ということである。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「ゴッドファーザーPARTI」(1972年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

この作品を越えるギャング映画は出ないだろう。夏のコルレオーネの屋敷で行われる娘コニーの結婚式から物語は始まる。そして印象的な場面が続く。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「レオン」(1994年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

リュック・ベッソンがハリウッドで撮った初めてのバイオレンス・アクション作品で、アメリカでは「ザ・プロフェッショナル」というタイトルで公開された。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「スター・ウォーズ6 ジェダイの帰還」(1983年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

帰還には、いくつかの意味が含まれているように思う。文字通り、ジェダイの復活を意味する「帰還」。これは英雄譚に見られる旅立ち(セパレーション)、通過儀礼(イニシエーション)、帰還(リターン)という構造の最後を迎えるということである。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「スター・ウォーズ4 新たなる希望」(1977年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

9作品の構想で練られたという大河ドラマであり、1977年から続く本作を含む最初の三部作はその真ん中(第4話~第6話)を映画化したもの。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「サウンド・オブ・ミュージック」(1964年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

ミュージカル映画がなくなることはないのは、こうした生への賛美と希望を表現するのに最も適したものであるからかもしれない。いくらポジティブに映画を作ったとしても、希望に溢れた音楽の旋律の前にはかすむのだ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました