歴史映画やスペクタクル映画

ファミリー映画,ドラマ映画

映画「英国王のスピーチ」(2010年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

2016年最高の映画だと思う。脚本も良く、音楽も良かった、俳優のキャスティングは素敵だったし、何よりも見ることで希望を感じる映画だった。「観てよかった」と思える映画だった。アカデミー賞作品賞の最有力候補だったが、残念なことに、栄冠に輝かなかった。ミュージカル映画の「主役」は音楽なので、オリジナル曲で勝負するということは極めて冒険である。
時代劇映画や歴史映画(日本)

映画「殿、利息でござる!」(2016年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

感想/コメント ★★★★★★★☆☆☆ 配役がよかった映画 配役がとてもいい映画だったと思う。阿部サダヲをはじめとして、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平、草笛光子、山崎努といった俳優陣が個性あふれる役柄を演じきった。 ...
歴史映画やスペクタクル映画

映画「アラビアのロレンス」(1962年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

戦争に翻弄された、一人の繊細な人間の物語である。実際のロレンスがどのような人物であったかはわからないが、ピーター・オトゥール演じるロレンスは学者肌だ。
時代劇映画や歴史映画(日本)

映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」(1994年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

この年の日本アカデミー賞を総なめの作品だが、そこまでのモノだろうか?松竹誕生100周年記念作品ということもあるので、松竹への敬意を含めた受賞のようにしか思えなかった。
時代劇映画や歴史映画(日本)

映画「柳生一族の陰謀」(1978年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

東映が威信をかけて制作し、大ヒットとなった映画。文字通り銀幕スターがいた時代の映画で、豪華な顔ぶれとなっている。だが、こうした映画は何度も作れるものでもないし、何度も作るものでもない。そして、何度も見るものでもないように思う。
時代劇映画や歴史映画(日本)

映画「利休にたずねよ」(2013年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

市川海老蔵を筆頭に俳優陣の演技はよかった。特に前半で描いている、茶人としての千利休は、いい演技だったと思う。原作者・山本兼一が市川海老蔵を指名したそうだ。この映画を決定的にダメにしたのは、演出と脚本である。
時代劇映画や歴史映画(日本)

映画「伊賀忍法帖」(1982年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

山田風太郎という作家がすごいのは、史実は史実のままで残しておきながら、そこに異次元の物語を入れ込むことができることである。史実をベースにするので、話の展開や結論は分かっているのだが、そうくるか!という物語を展開する。
歴史映画(西洋など)

映画「エリザベス」(1998年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

エリザベス1世を描いた映画。エリザベス1世の女性としての側面に焦点を当てた映画。生涯結婚をしなかったことは知っていたが、恋人がいたことや、血なまぐさい謀略・暗殺の時代であったことは認識していなかった。
時代劇映画や歴史映画(日本)

映画「魔界転生」(1981年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

原作は山田風太郎の同名小説「魔界転生」。登場人物の人数などに差があるなど、映画向けにアレンジされている。柳生十兵衛光厳の千葉真一、天草四郎時貞の沢田研二の配役ありきで制作されたという。二人の映画でのはまり具合を見れば、撮影前のイメージが相当出来上がっていたようだ。
時代劇映画や歴史映画(日本)

映画「里見八犬伝」(1983年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

南総里見八犬伝を下敷きにした「新・里見八犬伝」(鎌田敏夫)の映画化。ロックをテーマ曲としているのは、ある意味斬新だが、まぁ、雰囲気に合わないなぁ・・・。ROCK YOU! [ロック・ユー]のように、計算された音楽の使われ方でない。音楽と映像は計算の上で使わない、違和感しか残らない・・・。