02. ファンタジー

超自然的、幻想的、空想的、超常現象を含む架空の世界を舞台とし、魔法使い、異世界、魔法生物などが登場するファンタジー映画の一覧です。

詳細は下のページでご覧ください。

ファンタジー映画の一覧
超自然的、幻想的、空想的、超常現象を含む架空の世界を舞台とし、魔法使い、異世界、魔法生物などが登場するファンタジー映画の一覧です。
02. ファンタジー

映画「ドクター・ドリトル」(2020年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント To the children , for the children , by the children イギリス出身の児童文学作家ヒュー・ロフティングによる「ドリトル先生」シリーズを原作とした冒険ファンタジー...
02. ファンタジー

「鬼滅の刃 竈門炭治郎 立志編」蝶屋敷編(第22話~第26話)観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

立志編の終わりとなる蝶屋敷編 機能回復訓練編と言っても良いかもしれない。 帰還(リターン) ジョーセフ・キャンベルの「千の顔をもつ英雄」の「分離(セパレーション)⇒通過儀礼(イニシエーション)⇒帰還(リターン)」でいえば...
02. ファンタジー

「鬼滅の刃 竈門炭治郎 立志編」那田蜘蛛山編(第15話~第21話)観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

日本史上の鬼狩りたち 吉備津彦命(桃太郎伝説) 鬼退治といえば、桃太郎が有名である。 モデルの一人が吉備津彦命(きびつひこのみこと)。古事記・日本書紀等に伝わる古代日本の皇族である。 吉備津彦命が吉備平定の際に鬼を...
スポンサーリンク
02. ファンタジー

「鬼滅の刃 竈門炭治郎 立志編」鼓屋敷編(第11話~第14話)観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

最強トリオの出会いとなる鼓屋敷編 本格的な敵との遭遇を前にして、旅の仲間が結成される。最強のトリオである。 依然としてジョーセフ・キャンベルの「千の顔をもつ英雄」の「分離(セパレーション)⇒通過儀礼(イニシエーション)⇒帰還(...
02. ファンタジー

「鬼滅の刃 竈門炭治郎 立志編」浅草編(第6話~第10話)観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

宿敵と遭遇する浅草編 第1話から第5話までは、運命が英雄を召喚し、精神の重心を自分のいる社会から未知の領域へ移動する話だった。 そして、旅の最初に出会うのは、これから遭遇するできごとに対抗する力を授けてくれる者である。鱗滝左近...
02. ファンタジー

「鬼滅の刃 竈門炭治郎 立志編」鬼殺隊入隊編(第1話~第5話)観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

立志編の始まりとなる鬼殺隊入隊 世界的にヒットしているアニメである。吾峠呼世晴によるコミックのアニメ化。アニメーション制作はufotableが担当した。コミックはアニメの終了とともに爆発的に売れ行きを伸ばした。幅広い世代に支持されて...
02. ファンタジー

ファンタジー映画の一覧

超自然的、幻想的、空想的、超常現象を含む架空の世界を舞台とし、魔法使い、異世界、魔法生物などが登場するファンタジー映画の一覧です。

02. ファンタジー

映画「アナと雪の女王2」(2019年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ある理由から自分に抑制的な姉。対して、自由奔放で明るい妹。ディズニーのお姫様ものだが、シンデレラに代表されるお姫様と王子様の愛の物語ではない。最後は、家族愛の素晴らしさを伝えて終わるところはディズニーらしい。

02. ファンタジー

映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(2018年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ハリー・ポッター・シリーズのスピンオフ。ホグワーツの教科書「幻の動物とその生息地」(「Fantastic Beasts & Where to Find Them」)を記した魔法動物学者を主人公としている。教科書は魔法生物に関する基礎知識や、約80種の魔法生物の生態と危険度が書かれている。5部作の予定で、このシリーズがうまくいけば、その次のスピンオフが見えてくるかもしれない。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3の第9話「キャスタミアの雨」第10話「次なる戦いへ」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第8話で初めてセカンドサンズのダーリオ・ナハーリスが登場する。以後のシーズンの中で重要な登場人物となる。だが、シーズン3のダーリオ・ナハーリスとシーズン4以降のダーリオ・ナハーリスは役者が違う。シーズン3の第8話で登場するダーリオ・ナハーリスは、優男で、セクシーで妖しい雰囲気がプンプンしている。一方で、シーズン4以降は、優男という点では同じなのだが、セクシーな雰囲気がない。セクシーで妖しいダーリオ・ナハーリスの方がゲーム・オブ・スローンズにはマッチしているように思う。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3の第7話「女剣士と熊」第8話「次子-セカンドサンズ-」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第8話で初めてセカンドサンズのダーリオ・ナハーリスが登場する。以後のシーズンの中で重要な登場人物となる。だが、シーズン3のダーリオ・ナハーリスとシーズン4以降のダーリオ・ナハーリスは役者が違う。シーズン3の第8話で登場するダーリオ・ナハーリスは、優男で、セクシーで妖しい雰囲気がプンプンしている。一方で、シーズン4以降は、優男という点では同じなのだが、セクシーな雰囲気がない。セクシーで妖しいダーリオ・ナハーリスの方がゲーム・オブ・スローンズにはマッチしているように思う。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3の第5話「炎の口づけ」第6話「登壁」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

この5話目と6話目、そして続く7話目、8話目は閑話休題と言ったところ。この後に始まる展開の準備回である。文字通り、嵐の前の静けさである。嵐が始まる前の主要な登場人物の状況を描いている。壁の向こう側のシーンはアイスランドのミーヴァトン湖周辺で撮影された。ジョンとイグリットの愛のシーンはセットで撮られたのだろうと思っていたが、実際に存在する温泉なのだという。湖近くの洞窟で撮影され、人気の観光地だそうだ。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3の第3話「処罰の道」第4話「穢れなき軍団」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第3話のタイトルは、奴隷が見せしめに磔にされる道の名に由来する。ロックの隊の男たちが歌う「熊と美貌の乙女」(”The Bear and the Maiden Fair”)はラミン・ジャヴァディが作曲した。ラミン・ジャヴァディはテーマ曲の作曲者。撮影場所はだいぶ固定化されてきている。当然と言えば当然なのだが…。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3の第1話「新たな時代」第2話「三つ目の鴉」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

これまで辺境に置かれていたデナーリス・ターガリエンが飛躍のための力をつけるシーズン。とはいえ、キングズランディングを中心とした政争には、まだまだ影響を与えることはない。さて、ドスラク語は当然のことながら想像の言語だが、そのドスラク語を創作したデイビッド・J・ピーターソンが、ヴァリリア語も創作したそうだ。ヴァリリア語は古代ヴァリリア帝国の言語であり、ラテン語とロマンス諸語の関係のように、学問や洗練された会話で使われる高ヴァリリア語と、奴隷商人湾一帯で話されるクレオール言語のような低ヴァリリア語があるという設定だ。

02. ファンタジー

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン2の第9話「ブラックウォーターの戦い」第10話「勝者」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ゲーム・オブ・スローンズは場面を変えながら物語を進めるのが基本のため、一つの出来事を長く見せることはあまりない。その点では、ブラックウォーターの戦いは特殊な位置づけになる。物語前半の最大の見せ場である。そして、もう一つエポックメーキングなのが、壁の向こう側での出来事だ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました