映画「セブン」(1995年)を観た感想と作品のあらすじや情報など

シェアする

ネタバレ満載
おススメ:Fire TV StickApple TVChromecast

※ネタバレ満載ですのでお気をつけください。 関連記事を下の方で紹介しています。 ご参考になさってください。

感想/コメント

★★★★★★★★★☆

サイコ・スリラーの傑作映画。キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件。

「七つの大罪」とは、傲慢、強欲、嫉妬、憤怒、暴食、色欲、怠惰。犯人がこれらの罪にふさわしい犯行をする。

犯人の目的はなんなのか?

犯人は終盤で、自分は選ばれたものであり、世間は自分の行ったことを忘れないだろう、という旨を告白する。

日常の中に潜む些細な罪。それが故に、見過ごされてきた大罪を、自分は神に代わって罰するのだ・・・。

さて、オープニング・クレジットは再度見直した方がいい。

指紋を削っているシーン、細かい文字でノートをとっているシーン、映画で重要な要素が盛り込まれている。

オープニング・クレジットを担当したのがカイル・クーパー。公開当時、映画本編と同様に大変な評判となった。

また、オープニング・クレジットで流れる音楽は、ナインインチネイルズの「クローサー」のリミックスヴァージョン。

小ネタ

本作のクライマックス。

宅急便で届けられる箱。

ミルズの妻の生首が入っている箱だが、ミルズの妻=グウィネス・パルトローの生首は映っていない。

だが、多くの観客がグウィネス・パルトローの生首を見たと信じこんでいたそうだ。

あらすじ/ストーリー

暴食

雨の降り続く街。

死体が発見された。
退職まであと1週間のサマセット刑事と、新人のミルズ刑事が現場に急行した。

被害者は肥満の大男で、汚物にまみれ、食べ物の中に顔を埋めて死んでいた。
死因は食物の大量摂取と、腹部を殴打されたことによる内臓破裂だった。

男の後頭部に付けられた銃口の痕から、何者かに、死ぬまで食べ続けるよう強制させられていたことが判明し、殺人事件と断定される。

サマセットは、現場の冷蔵庫の裏に犯人が脂で書いたと思われる「GLUTTONY(暴食)」の文字を発見した。
そして、メモがあった。

強欲

次の被害者は弁護士のグールドだった。オフィスビルの自室で血まみれになって殺されていた。

グールドは縛られており、ちょうど贅肉の部分を1ポンド分切り落とされていた。犯人は2日かけて、被害者にどこの肉を切るか選ばせていたようだ。

現場には被害者の血で「GREED(強欲)」の文字が残されていた。

サマセットは、犯人が「七つの大罪」をモチーフにして殺人を続けていると判断した。
そして、ダンテ、トマス・アクィナス・・「七つの大罪」を扱った本を図書館で探して読みふけった。

グールドの妻の証言により部屋に飾ってある絵が逆さまになっていることが分かった。

サマセットとミルズは殺人現場を再び捜索し、壁に指紋で書かれた「HELP ME」の文字を発見した。

指紋は前科者の通称ヴィクターのものだった。

怠惰

SWATとともにヴィクターの部屋に踏み込むと、彼は左手首を切られ、舌を噛み切った状態で、ベッドに縛りつけられて廃人となっていた。

部屋には彼が衰弱していく様を撮影した写真と「SLOTH(怠惰)」と書かれた紙が残されていた。

犯人は計算した上でヴィクターを拘束した1年後にヴィクターの部屋に踏み込ませたのだ。

この時、一人の記者が写真を撮りに現場に潜り込んでいた。ミルズが追いだした。

手がかり

手がかりが消えた。

サマセットは知人のFBI関係者と裏取引して図書館の貸し出し記録を入手した。

記録から「七つの大罪」に関する書物を借りていた男が分かった。

ジョン・ドウ。

サマセットとミルズはジョンのアパートを訪ねるが、帰宅してきた彼と鉢合わせし、ジョンは2人に発砲すると逃走をはかった。

どしゃ降りの中ミルズは後を追うが、隠れていたジョンに顔を殴られ、頭に銃口を突きつけられる。

しかし、何故かジョンは撃たず、逃走する。

ジョン・ドウの部屋を調べたいが、違法な方法で犯人の自宅にたどり着いたため、部屋に入れない。ミルズはジョン・ドウに殴られたことで激怒しており、部屋のドアを蹴破ってしまった。

ジョンの部屋の捜査を始めると、被害者の写真が発見された。

さらには、ヴィクターの自宅を捜査していた時に撮られたミルズの写真も見つかった。あの記者だ。

ジョンから電話があった。彼は警察への称賛と計画変更を告げた。

肉欲と高慢

金髪の娼婦が4番目「LUST(肉欲)」として殺害された。

そして、モデルが5番目「PRIDE(高慢)」の死体として発見された。彼女は自慢の顔面を切り裂かれたことで、警察・病院へ通報することなく、自らの命を絶っていた。

「ENVY(嫉妬)」「WRATH(憤怒)」が残った。

そこに血塗れの服を着たジョンが自首してきた。

取り調べを受けるが、彼の本名、経歴、目的は一切不明。

ジョンは弁護士を通じてミルズとサマセットの2人を指名し、彼らに残る2つの死体の隠し場所を教えるという。

嫉妬と憤怒

ジョンは2人を荒野に連れて行かせた。

宅配便がやってきた。サマセットが確認しに向かった。

1つの小さな箱を置いていく。

サマセットが中身を調べた。サマセットは信じられないという表情をした。そして、急いでミルズたちのもとへ駆け戻った。

ジョンはミルズに箱の中身を教えた。箱の中にはミルズの妻・トレイシーの生首を入れたのだ。

ジョンはミルズを羨んでトレイシーを殺したのだと明かした。

駆け戻ってきたサマセットに箱の中身を聞くが、サマセットは何も言えなかった。

ジョンは、トレイシーが妊娠していたことを話したが、ミルズは初耳だった。

逆上したミルズはサマセットの制止を無視してジョンを射殺した。

映画情報(題名・監督・俳優など)

se7en


セブン
(1995年)

監督:デヴィッド・フィンチャー
脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
音楽:ハワード・ショア

出演:
デヴィッド・ミルズ刑事/ブラッド・ピット
ウィリアム・サマセット部長刑事/モーガン・フリーマン
トレイシー・ミルズ/グウィネス・パルトロー
カリフォルニア/ジョン・C・マッギンレー
マーティン・タルボット地方検事/リチャード・ラウンドトゥリー
警部/R・リー・アーメイ
FBIの男/マーク・ブーン・Jr
テイラー刑事/ダニエル・ザカパ
サラ刑事/エミリー・ワグナー
ジョン・ドゥ/ケヴィン・スペイシー

受賞

映画ベスト100

  1. 英エンパイア 史上最高の映画100本 2017年版