映画「かぐや姫の物語」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

アニメーション映画
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

感想/コメント

★★★★★★★☆☆☆

竹取物語。成立年、作者ともに未詳。日本最古の物語とされる。
遅くとも平安時代初期の10世紀半ばまでには成立したようだ。
とても有名な題材を映画化。

アニメーションなのだが、見ているうちに、ふと思ったのが、「これって動く絵本だよなぁ」というものだった。
絵本の世界がそこに映し出されている感じがしたのだ。

スポンサーリンク

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

竹林。翁は光る不思議な竹があることに気が付いた。

光り輝く竹の中から小さな女の子が現われた。

女の子を連れ帰った翁は、媼とともに自分たちの子として大切に育てる。

女の子は捨丸ら村の子どもたちと元気に遊び回り、すくすくと成長する。

翁は娘を立派な女性に育てようと、都に移り住み、教育することにした。女の子は美しい娘に成長し、かぐや姫と名付けられた。

やがて姫の美しさのうわさを聞き付けた男たちが求婚してくるようになる。
彼らに無理難題を突き付け次々と振ったかぐや姫は、やがて月を見ては物思いにふけるようになる。

スポンサーリンク

映画情報(題名・監督・俳優など)

Kaguyahimenomonogatari

かぐや姫の物語
(2013年)

監督:高畑勲
企画:鈴木敏夫
プロデューサー:西村義明
制作:星野康二,スタジオジブリ
原案:高畑勲
脚本:高畑勲,坂口理子
音楽:久石譲
主題歌:二階堂和美「いのちの記憶」

声の出演:
かぐや姫/朝倉あき
捨丸/高良健吾
翁/地井武男
媼/宮本信子
相模/高畑淳子
女童/田畑智子
斎部秋田/立川志の輔
石作皇子/上川隆也
阿部右大臣/伊集院光
大伴大納言/宇崎竜童
石上中納言/古城環
御門/中村七之助
車持皇子/橋爪功
北の方/朝丘雪路
炭焼きの老人/仲代達矢

ジブリ音楽の紹介

ジブリの音楽はオリジナルもよいが、リミックス曲も結構いい。

タイトルとURLをコピーしました