映画「風立ちぬ」を観た感想と作品のあらすじや情報など

感想/コメント

★★★★★★★☆☆☆
湖面に一筋の波もたっていないような静かで淡々とした雰囲気が映画全体に流れている。

この映画は実在の堀越二郎をモデルに、堀辰雄の同名小説からのアイデアを織り交ぜた作品。
堀越二郎は零戦の設計者として有名である。

戦争へ突き進む日本の様子を描いた映画というよりは、世俗を超越して理想に向かっていく天才技術者とその妻の淡くも温かで悲しい物語として観た。

二郎を想う菜穂子の一途さ。菜穂子を想う二郎の一途さ。

菜穂子は自分が死の病に冒されており、長くは次郎と一緒にいられないということを悟っているからこそ、その短い残りの人生の全てを二郎の側で過ごそうと考える。

二郎は二郎で、幼いころからの夢を追いかけている。

二郎の菜穂子を想うことに何の疑いもなく、それが分かっている菜穂子は安心しながら病床の中で夢に向かって進む二郎を見つめ続ける。
そして、二郎の夢が完成したことを知ると同時にスッと姿を消す。

戦争が終わり、二郎には何も残っていなかった。菜穂子もおらず、完成した夢の飛行機もなかった。
その二郎が、夢の中でカプローニと再会してエンディングに向かっていく場面は、とても悲しいシーンだった。

関係するアニメ

  1. ルパン三世 カリオストロの城
  2. 風の谷のナウシカ
  3. 天空の城ラピュタ
  4. となりのトトロ
  5. 魔女の宅急便
  6. おもひでぽろぽろ
  7. 紅の豚
  8. 平成狸合戦ぽんぽこ
  9. 耳をすませば
  10. もののけ姫
  11. 千と千尋の神隠し
  12. 猫の恩返し
  13. ハウルの動く城
  14. ゲド戦記
  15. 崖の上のポニョ
  16. 借りぐらしのアリエッティ
  17. コクリコ坂から
  18. 風立ちぬ(本作)

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

二郎は飛行機に憧れる少年だった。
夢の中で飛行機設計者のカプローニと出会い、飛行機の設計士を志す。

二郎は東京帝国大学で航空工学を学んでいた。
東京へ戻る途中、電車の中で巨大地震に巻き込まれる。関東大震災だ。
二郎は汽車の中で出会った少女とその女中を助ける。

大学卒業後、二郎は三菱重工業に就職した。勤務地は名古屋だ。
隼型飛行機の試験飛行がおこなわれていたが、二郎の目の前で空中分解した。
コンペは失敗に終わる。

上司の黒川は、二郎に欧米の進んだ技術を学んでくるように言った。
同期の本庄らと二郎はドイツに渡った。

帰国した二郎は、服部や黒川から七試艦上戦闘機の設計主務を命じられる。
完成した飛行機は飛行試験中に垂直尾翼が折れて墜落した。
失意の二郎は休暇を取って軽井沢に向かう。

軽井沢で二郎は関東大震災のとき助けた少女・菜穂子と再会した。
二人は結婚を前提に交際することになる。しかし、菜穂子は重い結核を患っていた。

二郎は九試単座戦闘機の設計主務を命じられた。
意欲的に設計に取り組む。
そんな中、サナトリウムで療養中の菜穂子が黙って抜け出したと連絡を受けた。
二郎はとるものもとらず、菜穂子を探しに名古屋駅に向かった。

二郎と菜穂子は黒川夫妻の媒酌で結婚する。
菜穂子の死期が迫っていた。

日本は戦争へとひた走っていた。
二郎は菜穂子との限られた時間の中、設計に没頭した。
側ではそうした二郎の姿を見つめる菜穂子の姿があった。菜穂子の病は日に日に悪くなっていっていた。

設計が完成し、試験飛行も大成功に終わった。
菜穂子はたった一人でサナトリウムへと戻っていった…。

敗戦。
二郎は夢の中でカプローニと再会する。
そして、そこには菜穂子の姿もあった。

映画情報(題名・監督・俳優など)

Kasetachinu
風立ちぬ
(2013年)

監督:宮崎駿
プロデューサー:鈴木敏夫
原作:宮崎駿
脚本:宮崎駿
音楽:久石譲
主題歌:荒井由実『ひこうき雲』

声の出演:
堀越二郎/庵野秀明
里見菜穂子/瀧本美織
本庄季郎/西島秀俊
黒川/西村雅彦
カストルプ/スティーブン・アルパート
里見/風間杜夫
二郎の母/竹下景子
堀越加代/志田未来
服部/國村隼
黒川夫人/大竹しのぶ
カプローニ/野村萬斎

受賞

  • 第34回 ボストン映画批評家協会賞
  • 第79回 ニューヨーク映画批評家協会賞
  • 第18回 サンディエゴ映画批評家協会賞
  • 第85回 ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞
  • 第17回 トロント映画批評家協会賞
  • 第37回 日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞
  • 第87回 キネマ旬報ベスト・テン 日本映画ベスト・テン 第7位
  • 第87回 キネマ旬報読者選出 日本映画ベスト・テン 第5位
  • 第41回 アニー賞脚本賞(宮崎駿)
  • 第37回 日本アカデミー賞最優秀音楽賞(久石譲)

ジブリ音楽の紹介

ジブリの音楽はオリジナルもよいが、リミックス曲も結構いい。