映画「探偵はBARにいる1」(2011年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

そこそこ面白い
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

感想/コメント

北海道のススキノを舞台にした探偵もの。
シリアスな大泉洋。無表情な松田龍平。

共通するのは、二人とも打たれ強いこと。というより、ほぼ不死身。
そしてもう一つ。間抜けなのかクレバーなのかが良くわからないのも共通している。

シリアスな展開の中にも、少しのお笑いを常に期待しながら見てしまった。

大泉洋のせいだ。
まぁ、大泉洋だからこの映画を見ている部分もあるので…。

シリアスが似合わないのに、シリアスなのをずーっと通されると、それはそれでシリアスなものになっていく。
面白い。

スポンサーリンク

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

札幌・ススキノ。
この街の裏も表も知り尽くした「俺」は、いつものように行きつけのBARで相棒の高田と酒を飲んでいた。

携帯電話を持たない彼との連絡手段は、もっぱら彼が入り浸るBARの黒電話。

ある夜、コンドウキョウコと名乗る女から電話がかかってくる。奇妙な依頼だった。
いぶかしく思いながらも、簡単な依頼と引き受けてしまった「俺」。

ある弁護士を揺さぶった探偵は、どう見てもその筋の方々に拉致され、雪原に生き埋めにされる。
殺されかけた探偵は独自に調査を始めた。

依頼は、2年前の札幌の再開発計画絡みの放火殺人事件とその実行犯の変死、そして1年前の実業家暴行殺人事件に関連すると思われた。
放火されたビルから遺体で発見されたのが「コンドウキョウコ」であったと知り、困惑する。

火災による死者・近藤京子は「店を持たせてくれた足長おじさんに悪いから」会館を売らなかったということがわかった。
京子の母に話を聞くと、京子が父だと思っている育ての親は母の再婚相手で、実の父親は別にいる。

そして足長おじさんとは京子の実の父親・霧島で、昨年亡くなっていた。
誘拐現場を目撃して助けに入ろうとして、霧島は殺されたのだった。

霧島の妻・沙織がコンドウキョウコではないかと疑う探偵だが、沙織は否定する。

暴力団・花岡組が皆楽会館の土地を手に入れようとしていたのを、近藤京子が土地を売らないので京子を殺したのだった。

更に娘の死を調べて真相を知った霧島を計画的に殺害。

霧島を深く愛していた沙織は、霧島の復讐のため花岡組の息子・岩淵貢と結婚の約束をする。
コンドウキョウコは、沙織だった。

沙織は証拠をつかむと結婚式場で、ウエディングドレスをまとった姿のまま銃を乱射し、花岡組の幹部たちを殺した…。

スポンサーリンク

映画情報(題名・監督・俳優など)

TanteiBar1

探偵はBARにいる1
(2011年)
監督:橋本一
原作:東直己『バーにかかってきた電話』(ハヤカワ文庫刊)
脚本:古沢良太,須藤泰司
出演:
探偵<俺>/大泉洋
高田/松田龍平
沙織/小雪
霧島敏夫/西田敏行
松尾/田口トモロヲ
佐山/波岡一喜
田口幸平/有薗芳記
峰子/安藤玉恵
スナック元従業員/新谷真弓
近藤京子/街田しおん
則天道場塾生/野村周平
ケラーオオハタのマスター/桝田徳寿
近藤百合子/竹下景子
源ちゃん/マギー
スポーツバーのマスター/榊英雄
岩淵貢/本宮泰風
近藤恵/吉高由里子
桐原組組長/片桐竜次
マキ/カルメン・マキ
南/中村育二
田口康子/阿知波悟美
岩淵恭輔/石橋蓮司
相田/松重豊
<俺>を拉致した男/高嶋政伸

タイトルとURLをコピーしました