ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1の第9話 「ベイラー大聖堂」第10話 「炎と血」を観た感想と作品のあらすじや情報など

この記事は約12分で読めます。

スポンサーリンク

感想/コメント

★★★★★★★☆☆☆
第10話に来て、がぜん期待感が増してきた。

この第1シーズンは、それぞれのプロットの紹介、そして、波乱への序章であった。
本当の「ゲーム・オブ・スローンズ」は第2シーズン以降ということになるだろう。

なによりも、ファンタジーらしくなってきた。
それは、3匹のドラゴンの誕生があるからだ。

主要なキャラクターであるにもかかわらず、バックボーンが弱かったデナーリス・ターガリエンの一発逆転が可能となったのも、この物語の次の展開を読みにくくし、さらなる期待感を抱かせる結果となっている。

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

第9話 「ベイラー大聖堂」

鉄の玉座を巡る攻防

エダードに本当の目的を問われたヴァリスは、平和が望みと答える。
そしてジョフリーを認めるように迫るが、エダードはロバートの弟スタニスこそが正統な王だと主張する。

双子城。
90歳を超えるタリー家のウォルダー・フレイ公は要所となっている双子城を交渉に使った。

ウォルダーはタリー家には忠誠を誓ったが、王座にも忠誠を誓ったいう。そして、ラニスターに味方するという。
ウォルダー・フレイ公との交渉の結果、ロブ・スタークとフレイの娘との結婚を誓約され、フレイ家はスターク陣営についた。

宝刀ロングクロウ

ジオー・モーモントがモーモント家の宝刀ロングクロウをジョン・スノウに渡した。
ロングクロウはヴァリリア鋼という現在で鍛えることのできない鋼でできている。

メイスター・エイモンはジョン・スノウに自らがエイモン・ターガエリエンだと告げる。
エイリス王の伯父にあたり、デナーリスからは大叔父にあたる。
彼は王位を弟エイゴンに譲り、自らはメイスターとなったのだ。

フレイ家とスターク家

フレイ家がスタークに付くことで、スタークは河を渡った。
戦場となるリヴァーラン一帯は敵だらけだ。
タイウィン・ラニスターはティリオンに先陣を任せた。

カール・ドロゴの死

傷口のせいで高熱を発して倒れたカール・ドロゴ。
ジョラーは傷口を見て今夜死ぬという。
そんなドロゴをみて家来は去っていく。力こそが正義、それがドスラクの掟だ。

戦争の前日、戦場売春婦のシェイを呼び最後の晩餐を楽しむティリオン。
普通の売春婦と違いまっすぐな瞳をもつシェイの魅力にティリオンは自らの暗い過去を語る。

初戦はラニスターの勝利だった。
だが、実際はタイウィン・ラニスター軍と戦ったスターク軍は囮の別動隊だった。
本隊はジェイミー・ラニスターを急襲し、彼を捕虜にした。

エダード・スタークの死

アリア・スタークがベイラー聖堂に駆けつけれるとそこには囚われた父の姿があった。
エダードは民衆の中にいるアリアを発見し、ナイツウォッチのヨーレンに像の元を見ろと告げる。

ジョフリーを王と認めるかわりエダードは領主の立場をはく奪され、ナイツウォッチとして壁の守りに送られるはずだった。
サーセイ・ラニスターもそこで妥協していた。
だがジョフリーはエダードの首をはねた。

第10話 「炎と血」

アリア・スターク脱出

ヨーレンがアリアの髪を切りアリアを男の子に偽装する。
夢でエダードを地下墓地で見たというブラン。
ブランがエイリス王に殺された祖父リカルドの話をする。

イノシシに殺されたロブ王を笑う歌を歌った吟遊詩人をジョフリーが罰した。
そのあと、ジョフリーはエダードの首をサンサに見せつけた。教育係の尼の首もだ。
グレイトジョンがバラシオン家のレンリーもスタニスも関係ないと語る。

北の王

ロブは北の王を自称し、王座に反旗を翻すことになる。
ジェイミーがキャトリンにブランを突き落としたのは自分だと告げた。理由までは語らなかった。

タイウィンがエダードを殺したのは狂気の沙汰だと言及する。
ラニスターは、スターク家、バラシオン家の両方を敵にまわして戦わなければならない。キャトリンの故郷タリー家も敵に回している。

ラニスター家対、スターク家、バラシオン家、タイレル家、タリー家。
タイウィンは鬼畜な少年王の好き勝手させないようにティリオン・ラニスターをキングスランディングに送り出すことにした。

「壁」

エダードが殺されたのを知り、ナイツウォッチを抜け出し南へと向かうジョン・スノウ。
ナイツウォッチの宣誓をしているので、ここで逃げたらどこでも死罪となる。しかし友の手によって引き戻される。

グランドマイスターパイセルが独り言をしゃべっている。
それはエイリス王、ロバート王、ジョフリー王に渡る王の歴史だ。
ボケてるように話しているが、非常に狡猾に王の小議会を渡ってきている。

ナイツウォッチのヨーレンに連れられて、ナイツウォッチの候補としてキングスランディングを脱出するアリア。
ロバート王の私生児のジェンドリーと親しくなる。ジェンドリーは自らがロバートの息子であるということは知らない。

ジョン・スノウはナイツウォッチに戻り、ナイツウォッチとして北に旅立つ決意をした。

ジョン・スノウ「壁」の北側へ行く

北では野人が南下してきているという情報があり、探索に向かったベンジェン・スタークも行方不明のままだ。
真相を探るためにナイツウォッチは壁を越えて北へ旅立つ。

デナーリスはカル・ドロゴの死体と共に魔女に火を放つ。

すべてを失ったデナーリス自身も炎に身をと投じる。だが、ドラゴンの末裔であるデナーリスは焼かれることはなかった。

そして卵から三匹のドラゴンが産まれた。

各シーズン紹介

シーズン1

シーズン2

シーズン3

シーズン4

  • 第1話「二本の剣」、第2話「獅子と薔薇」
  • 第3話 「奴隷解放者」、第4話 「誓約を果たすもの」
  • 第5話 「新王誕生」、第6話 「裁判」
  • 第7話 「月の扉」、第8話 「山と毒蛇」
  • 第9話 「黒の城の死闘」、第10話 「世継ぎたち」

シーズン5

  • 第1話「新たな戦いの幕開け」、第2話「黒と白の館」
  • 第3話 「雀聖下」、第4話 「ハーピーの息子たち」
  • 第5話 「壁の決断」、第6話 「父の仇」
  • 第7話 「贈り物」、第8話 「堅牢な家」
  • 第9話 「竜の舞踏」、第10話 「慈母の慈悲」

シーズン6

  • 第1話「紅の女」、第2話「故郷」
  • 第3話 「背任者」、第4話 「異客の書」
  • 第5話 「扉」、第6話 「血盟の血」
  • 第7話 「砕かれし者」、第8話 「誰でもない者」
  • 第9話 「落とし子の戦い」、第10話 「冬の狂風」

シーズン7

  • 第1話「ドラゴンストーン」、第2話「嵐の申し子」
  • 第3話 「女王の正義」、第4話 「戦利品」
  • 第5話 「イーストウォッチ」、第6話 「壁の向こう」
  • 第7話 「竜と狼」

情報(題名・監督・俳優など)

監督:ティモシー・ヴァン・パタン、ブライアン・カーク、ダニエル・ミナハン、アラン・テイラー
原作:ジョージ・R・R・マーティン

シーズン1主要人物

スターク家

  • エダード・スターク / ショーン・ビーン (スターク家当主。通称ネッド。)
  • ロブ・スターク / リチャード・マッデン (スターク家の長男。「北の王」)
  • サンサ・スターク / ソフィー・ターナー (スターク家の長女)
  • アリア・スターク / メイジー・ウィリアムズ (スターク家の次女)
  • ジェンドリー / ジョー・デンプシー (アリア・スタークの友。ロバート王の落とし子。)
  • ホット・パイ / ベン・ホーキー (アリア・スタークの道連れ。パン屋の息子。)
  • ブラン・スターク / アイザック・ヘンプステッド=ライト (スターク家の次男。転落事故で下半身不随。)
  • オシャ / ナタリア・テナ (スターク家の召使。元「野人」。)
  • ホーダー / クリスチャン・ナイアン (スターク家の召使。)
  • リコン・スターク / アート・パーキンソン (スターク家の末息子)
  • キャトリン・タリー / ミシェル・フェアリー (エダード・スタークの妻。タリー家出身)
  • ジョン・スノウ / キット・ハリントン (エダードの落とし子、「ナイツウォッチ」)
  • ベンジェン・スターク / ジョゼフ・マウル (エダードの弟。「ナイツウォッチ」の哨士長。)
  • リカード・カースターク / スティーブ・ブラント (スターク家の旗主カースターク家の長)
  • ジョン・アンバー / クライブ・マントル (スターク家の旗主アンバー家の当主)
  • グレイトジョン / クライブ・マントル (スターク家の旗主、ジョン・アンバー)
  • グレイウィンド / (ロブのダイアウルフ)
  • レディ / (サンサのダイアウルフ)
  • ナイメリア / (アリアのダイアウルフ)
  • サマー / (ブランのダイアウルフ)
  • シャギードッグ / (リコンのダイアウルフ)
  • ゴースト / (ジョン・スノウのダイアウルフ)
  • シリオ・フォレル / ミルトス・イェロレムー (ブレーヴォス出身のアリアの剣の師)
  • メイスター・ルーウィン / ドナルド・サンプター (スターク家に仕えるメイスター)
  • ロドリック・カッセル / ロン・ドナキー (スターク家の武術師範)

グレイジョイ家

  • シオン・グレイジョイ / アルフィー・アレン (グレイジョイ家の世継ぎ、スターク家の里子。「鉄諸島」)

アリン家

  • ジョン・アリン / ジョン・スタンディング (前任の「王の手」)
  • ロビン・アリン / リノ・ファシオリ (ジョン・アリンとライサの息子。)

ラニスター家

  • タイウィン・ラニスター / チャールズ・ダンス (ラニスター家の当主、サーセイらの父)
  • サーセイ・ラニスター / レナ・ヘディ (ロバート王の妃、ジェイミーと双子)
  • ジェイミー・ラニスター / ニコライ・コスター=ワルドー (「王の盾」の騎士、サーセイと双子)
  • ティリオン・ラニスター / ピーター・ディンクレイジ (サーセイとジェイミーの弟。小人。)
  • ランセル・ラニスター / ユージーン・サイモン (ケヴァンの息子でサーセイらの従兄弟)
  • ブロン / ジェローム・フリン (ティリオンの友人。傭兵。)
  • サンダー・クレゲイン / ロリー・マッキャン (ラニスター家の家臣「ハウンド」。グレガーの弟)
  • グレガー・クレゲイン / コナン・スティーブンス (ラニスター家の家臣 「マウンテン」。サンダーの兄)
  • シェイ / シベル・ケキリ (ティリオンの愛人。エッソス出身の娼婦。)
  • エイモリー・ローチ / フィンタン・マッキィーオン (ラニスター家の家臣)
  • イリーン・ペイン / ウィルコ・ジョンソン (口のきけない首斬り役人)
  • ケヴァン・ラニスター / イアン・ゲルダー (西部の領主タイウィン・ラニスターの弟)
  • マーリン・トラント / イアン・ビーティー (「王の盾」の騎士)
  • マンドン・ムーア / ジェームス・ドラン (「王の盾」の騎士。ティリオンを襲う)

タイレル家

  • ロラス・タイレル / フィン・ジョーンズ (マージェリーの兄。「花の騎士」)

バラシオン家

  • ロバート・バラシオン / マーク・アディ (七王国の王。エダードの親友。)
  • ジョフリー・バラシオン / ジャック・グリーソン (王。ロバート王とサーセイの長男。)
  • トメン・バラシオン / カラム・ワリー (王。ジョフリーとミアセラの弟。)
  • ミアセラ・バラシオン / エイミー・リチャードソン (ジョフリーの妹、トメンの姉)
  • レンリー・バラシオン / ゲシン・アンソニー (ロバート王の末弟)

タリー家

  • ライサ・タリー / ケイト・ディッキー (キャトリンの妹。ジョン・アリンの妻)
  • サムウェル・ターリー / ジョン・ブラッドリー (「ナイツウォッチ」。ジョン・スノウの太った友人)
  • ウォルダー・フレイ / デイビッド・ブラッドリー (フレイ家当主。タリー家の旗主。)
  • ジョノス・ブラッケン / ジェリー・オブライエン (タリー家の旗主)

ターガリエン家

  • ヴィセーリス・ターガリエン / ハリー・ロイド (ターガリエン家の王子)
  • デナーリス・ターガリエン / エミリア・クラーク (ターガリエン家の王女。ヴィセーリスの妹)
  • ヴィセーリオン / (デナーリスのドラゴン)
  • ドロゴン / (デナーリスの最大のドラゴン)
  • レイガル / (デナーリスのドラゴン)
  • ジョラー・モーモント / イアン・グレン (ジオーの息子、デナーリスの家臣)
  • バリスタン・セルミー / イアン・マッケルヒニー (「王の盾」の元総帥でデナーリスの家臣)
  • イリ / アムリタ・アチャリア (デナーリスの世話をする奴隷)
  • ドリア / ロクサーヌ・マッキー (デナーリスの侍女)
  • イリリオ・モパティス / ロジャー・アラム (ペントスの豪商、デナーリスの庇護者)
  • エイモン / ピーター・ヴォーン (「壁」の盲目のメイスター、ターガリエン家出身)

ナイツウォッチ

  • ジオー・モーモント / ジェームズ・コスモ (「ナイツウォッチ」の総帥。ジョラーの父)
  • ジャノス・スリント / ドミニク・カーター (「王都の守人」総帥。後に「ナイツウォッチ」)
  • グレン / マーク・スタンリー (「ナイツウォッチ」、ジョンの友)
  • ピップ / ジョセフ・アルティン (「ナイツウォッチ」、ジョンの友)
  • ヨーレン / フランシス・マギー (「ナイツウォッチ」の新兵募集係)
  • ラスト / ルーク・バーンズ (「ナイツウォッチ」の反乱者)

ドスラク人

  • カール・ドロゴ / ジェイソン・モモア (ドスラク人の族長でデナーリスの夫)
  • ラカーロ / エリス・ガベル (デナーリスに仕えるドスラク人)

  • アリザー・ソーン / オーウェン・ティール (「壁」の武術師範)
  • オセル・ヤーウィック / ブライアン・フォーチュン (「壁」の工士長)

旗印のない兄弟団

  • ベリック・ドンダリオン / デイヴィッド・スコット (無法者集団「旗印のない兄弟団」の長)

小評議会

  • ピーター・ベイリッシュ / エイダン・ギレン (蔵相、小貴族の出、”リトルフィンガー”)
  • ロス / エスメ・ビアンコ (ベイリッシュのスパイの娼婦)
  • ヴァリス / コンリース・ヒル (スパイの元締めの宦官)
  • パイセル / ジュリアン・グローヴァー (王に仕えるグランド・メイスター)

その他

  • ミリ・マズ・ドゥール / ミア・ソテリュー (ラザール人の治療者で妖女)