映画「スティング」を観た感想と作品のあらすじや情報など(おすすめ映画)

感想/コメント

★★★★★★★★★★

どんでん返しモノの名作。とても小気味いい映画である。

題名となっている「Sting」とは「騙す」「ぼったくる」という俗語。本来の意味は「刺す」。

ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードのコンビと言えば、「明日に向って撃て!」以来になる。

主題歌の「ジ・エンターテイナー」も有名で、一度は耳にしたことがあるはずである。もともともはスコット・ジョプリンの曲を30年代に編曲した曲。

The Sting Theme (Joplin – The Entertainer)

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

1936年。

シカゴに近いジョリエットの下町で道路師と呼ばれる詐欺師3人が通り掛かりの男をヒッカケて金をだましとった。彼らが手にしたその金は、いつもとは段違いの思わぬ金額だった。

数日後、ルーサーが死体となって見つかった。3人がだまし取ったお金はニューヨークの大親分ロネガンの賭博の上がりだった。

大組織に手を出した当然のむくいとしてルーサーは消されたのだった。

そして、組織の手は3人の1人フッカーにものびていた。

ルーサーの復讐を誓ってフッカーはシカゴのゴンドルフを訪ねた。

ゴンドルフは、ギャング同志の争いでFBIから追われ、今では売春宿に幸うじて身を隠している有り様だった。

最初は嫌がっていたものの、ロネガンの名を聞いて目を光らせるゴンドルフ。

2人は、ロネガンの身辺を洗い、彼がポーカーと競馬に眼がないこと、近くシカゴを訪れることなどを調べ上げた。

ゴンドルフは昔の仲間を集め、シカゴの下町にインチキノミ屋を構えた。

シカゴに向かう列車の車中で、ロネガンはがポーカー賭博をやると聞いたゴンドルフは、その仲間入りをし、いかさまでロネガンを大きくへこませた。

しかも、事前にロネガンのサイフを仲間にスラせ、負け金を払うことも出来ないようにしていた。

ロネガンのところにゴンドルフの勝金を取りにきたのはフッカーだった。

フッカーは、ゴンドルフのポーカーがイカサマであることを告げた。ロネガンは頭にきていた。

そこにフッカーは負け金の何十倍も稼げる話を持ち込んだ。それはゴンドルフの経営するノミ屋を乗っ取る計画だった。フッカーはゴンドルフから店を乗っ取りたいのだとロネガンに話を持ちかけたのだ。

ノミ屋に電送されてくる競馬の中継は、電報局の局長を組んで2分程遅らせて放送している。だから、すでにゴールしている馬券を買えるから、ゴンドルフを破産させるのは訳がない。

フッカーとゴンドルフの動きはFBIの目にとまっていた。

フッカーを追うスナイダーという悪徳警官もうろついている。

ロネガンはフッカーの持ち込んだ話が信用できるのかどうか、フッカーをためしていた。

そしてついに、50万ドルの大金を注ぎ込むことにしたロネガンは、自らノミ屋に出向いた。

ロネガンが50万ドル注ぎ込んだレースが始まった瞬間、ノミ屋にFBIが踏み込んできた。

ゴンドルフは自分を裏切ったフッカーを射殺し、そして自らもFBIの銃弾に倒れた…。

映画情報(題名・監督・俳優など)

TheSting

スティング
(1973年)

監督:ジョージ・ロイ・ヒル
脚本: デヴィッド・S・ウォード
音楽: マーヴィン・ハムリッシュ

出演:
ジョニー・フッカー/ロバート・レッドフォード
ヘンリー・ゴンドルフ/ポール・ニューマン
ドイル・ロネガン/ロバート・ショウ
スナイダー刑事/チャールズ・ダーニング
ビリー/アイリーン・ブレナン
J・J・シングルトン/レイ・ウォルストン
クリスタル/サリー・カークランド
フロイド/チャールズ・ディアコップ
FBI捜査官ポーク/ダナ・エルカー
ロレッタ/ディミトラ・アーリス
ルーサー・コールマン/ロバート・アール・ジョーンズ
ベニー・ガーフィールド/エイヴォン・ロング
キッド・ツイスト/ハロルド・グールド
エディナイルズ/ジョン・ヘファーナン
エリー・キッド/ジャック・キーホー
モットラ/ジェームズ・スローヤン
コムズ/アーチ・ジョンソン

受賞

  1. Newsweek 映画ザ・ベスト100 2009年5・6/13