SHERLOCK/シャーロック第1話「ピンク色の研究」(シリーズ1第1話)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

03. ミステリー,サスペンスなど
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

感想/コメント

シリーズ1の第1話。通算1作目。

緋色の研究 ”A Study in Scarlet”を下敷きとしている。

シャーロック・ホームズものだということはわかっていたが、見始めた時は、あれっ!?別物か?と思うくらい、イメージと異なっていた。

だが、その異なっていたイメージは、とても良い方向へ向かっていった。

出来上がっているイメージをぶち破って、なおかつ、どこかにはオリジナルのかおりを残すことができている作品になっている。

こういうリメークは大歓迎である!!

シリーズ

スポンサーリンク

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

負傷し送還された軍医のジョン・ワトソンは、PTSDでセラピストのもとに通っていた。

連続自殺事件がロンドンの街を賑わせていた。

連続で3人の人物が、行くはずのない場所で、自らの意思で同じ毒薬を飲み自殺を図っていた。

レストレード警部は会見を開き、事件の内容を説明するが、会見の途中で記者に向けて「違う!」というメールが何度も送信される。

ジョンは、かつて同じ病院で研修を受けていた旧友マイクと偶然再会し、「ルームシェアの相手にどうか」と、ある男を紹介される。

男はすぐに、ジョンがアフガニスタンに行っていたことや、兄弟との確執など個人的なことまで言い当てた。

そしてジョンとのルームシェアを勝手に決めてしまう。

この男こそが「推理の科学」というサイトを開設し、レストレード警部の会見中に記者にメール送信していた、自称「世界でただ1人のコンサルタント探偵・シャーロック・ホームズ」だった。

ジョンがシャーロックの部屋を訪れている時、レストレード警部がシャーロックを訪ねてくる。

連続自殺事件を最初から「殺人事件だ」と推理していたシャーロックは、レストレードから4人目の死者が出たと聞き、不謹慎にも大はしゃぎ。

しかし、4件目の事件は、これまでの事件と違うところがあった。

遺書が遺されていたというのだ。シャーロックはジョンと共に、事件現場へと急行する。

スポンサーリンク

映画情報(題名・監督・俳優など)

SherlockSeason1

SHERLOCK/シャーロック
第1話「ピンク色の研究」
A Study in Pink
(シリーズ1第1話)
シャーロック・ホームズ/ベネディクト・カンバーバッチ
ジョン・ヘイミッシュ・ワトソン/マーティン・フリーマン
ハドソン夫人/ユナ・スタッブス
レストレード警部/ルパート・グレイヴス
マイクロフト・ホームズ/マーク・ゲイティス
サラ・ソーヤー/ゾーイ・テルフォード

タイトルとURLをコピーしました