映画「タイタンの逆襲」(2012年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

01. 歴史映画やスペクタクル映画
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

感想/コメント

「タイタンの戦い」の続編。

映画「タイタンの戦い」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

1981年のリメイク。ギリシャ神話をベースにした映画。ペルセウスは半神の英雄。ゼウスとダナエの子で、アンドロメダと結婚した。子供の一人ペルセウス(ペルセース)はペルシア王家の祖とされる。

前作から10年後の世界を舞台に、再び神々の戦いに巻き込まれた勇者ペルセウスの活躍を描く。

主演は前作同様にサム・ワーシントン。

今回のキーは「クロノス」。ハデス、ゼウス、ポセイドンの父である。

クロノスとは一体何ものかは、ギリシャ神話の創世記から簡単に見て見るとわかる。

ギリシャ神話の創世記では、世界はカオス(混沌)の状態から始まる。

カオスから1人の女神が生まれる。女神の名をガイアという。

ガイアは4人の子を1人で産む。天の神ウラノス、海の神ポントス、暗黒の神エレボス、愛の神エロス。

ガイアは愛の神エロスの働きにより、自分の子である天の神ウラノスと結婚する。そして、ウラノスは神々の王となる。

二人の間に、男女6人ずつの子供が産まれる。子供たちは巨神(タイタン)と呼ばれるようになる。

神々の王ウラノスは、子供達を嫌い、大地の穴の中へと押し込める。ガイアは悲しみ、ウラノスに報復を考えるようになる。

末っ子のクロノスがガイアから鉄の大鎌を受け取り、ウラノスの男を切り落とす。ウラノスはガイアのもとから去る。

クロノスは王位についた。

クロノスは、妻であるレアとの間にできた子供5人を次々と飲み込んだ。自分の王位を脅かそうとすると思ったからである。

五人の名は、ヘスチア、デメテル、ヘラ、ハデス、ポセイドンだった。

レアの願いは、次に産まれる子供を守り、その子に兄弟の復讐を託すことだった。

レアはクレタ島で子供を隠れて産み、その子を山の洞窟に隠した。

レアはクロノスに、生まれた赤ん坊として産着にくるんだ大きな石を渡した。クロノスは石を飲み込んだ。

その子供こそがゼウスだった。

クロノスの横暴振りは激しくなり、兄弟の巨神(タイタン)と世界を荒らした。

ゼウスは逞しい男に成長し、女神メティス(熟慮)に、飲み込まれた兄弟達をクロノスから吐き出させる様に頼んだ。

メティスによって助け出された兄弟達とオリンポス山に立てこもり、クロノスとの戦いが始まる。クロノスも兄弟である巨神(タイタン)達と共にオッサ山に立てこもった。

戦いは10年にわたった。

ガイアによって巨人ヘカトンケイル達とキクロペ達の事を知ったゼウスは、彼らを味方に付けた。

3人のヘカトンケイルは100本の手で大岩を投げ、3人のキクロペは大地の底から持ってきた雷と稲妻をゼウスに与えた。

クロノス達は遂に敗れ、闇の世界タルタロスに閉じこめられる。

タルタロスの城門には大きな鉄の扉がはめ込まれ、ヘカトンケイルが見張る事になった。

ゼウスは世界を二人の兄と分かち合った。ゼウスは天を、ポセイドンは海を、ハデスは地下の世界を治める事とし、大地は皆の物とした。
クロノスの時代は終わり、オリンポスの神々の時代となった。

英雄譚を理解するうえでジョーセフ・キャンベルの「千の顔をもつ英雄」が参考になる。

スポンサーリンク

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

神ゼウスと人間の間に生まれたデミゴッド(=半神半人)の英雄ペルセウスが、怪物クラーケンを打ち破ってから10年。

10歳になる息子ヘリウスを男手ひとつで育てながら、村の漁師として静かに暮らしていた。

その頃、神々とタイタン族との間では、地上の支配を巡る争いが激化している。

崇拝を力の源とする神々は、人間からの崇拝を失ったことで、危険なまでに力が弱まっていた。

投獄していた凶悪なクロノス率いるタイタン族を制御できなくなりつつあった。クロノスは、ゼウス、ハデス、ポセイドンの3兄弟の父である。

遥か昔、3兄弟は父から権力を奪い、冥界の奥深くにある牢タルタロスの薄暗い穴の中に閉じ込めたのだった。

冥界の神ハデスは、ゼウスの正統な息子アレスとともに忠誠を裏切り、クロノスと取引してゼウスを捕えようとする。

ゼウスに残る神としての力が奪われてゆくにつれ、タイタン族は力を増し、地上は地獄と化していく。

勇敢な女王アンドロメダ、ポセイドンと人間の間に生まれたアゲノル、そして堕ちた神ヘパイストスの力を借りて、ペルセウスは冥界への危険な旅に乗り出す。

ペルセウスは、ゼウスを救出し、タイタン族の支配を覆して人類を守ろうとする。

スポンサーリンク

映画情報(題名・監督・俳優など)

titans2

タイタンの逆襲
(2012)
監督:ジョナサン・リーベスマン
原案:グレッグ・バーランティ、デヴィッド・レスリー・ジョンソン、ダン・マゾー
脚本:
ダン・マゾー、デヴィッド・レスリー・ジョンソン、
音楽:ハビエル・ナバレテ

出演:
ペルセウス / サム・ワーシントン
ゼウス / リーアム・ニーソン
ハデス / レイフ・ファインズ
ポセイドン / ダニー・ヒューストン
アレス / エドガー・ラミレス
アンドロメダ女王 / ロザムンド・パイク
ヘパイストス / ビル・ナイ
アゲノール / トビー・ケベル
ヘレイオス / ジョン・ベル
コリーナ / リリー・ジェームズ

タイトルとURLをコピーしました