映画「ハッピーフライト」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

コメディ映画
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

感想/コメント

★★★★★★☆☆☆☆
地上、上空で起きるトラブルを飛行機、空港を舞台に描くコメディタッチの映画。

今までのように、飛行機の中だけを舞台にしているわけではない。裏で支えるグランドスタッフ、整備士、管制官、ディスパッチャー、バードパトロールを描いているのが見どころの一つだろう。

スポンサーリンク

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

機長昇格を目指す副操縦士の鈴木和博は、いよいよ乗客を乗せた実機での最終訓練に挑もうとしていた。今回は機長昇格の合否が決まる最終フライトだ。彼が乗り込む飛行機は、ホノルル行き1980便。

大勢の観客が搭乗し、乗組員や空港の関係者たちは誰もが忙しそうに働いている。

ただでさえ緊張しているところへ、試験教官が威圧感バリバリの原田教官に急遽変更となったことで、その緊張は早くも頂点に。

同じ便にはこれが国際線デビューとなる新人キャビンアテンダント、斎藤悦子の姿があった。

キャビンアテンダントのチーフ・パーサーは山崎麗子。厳しさでは定評ある。

空港内で観客のクレームに対応するのは、グランドスタッフの木村菜採たち。1980便もオーバーブッキングで、乗客のクレーム対応に追われていた。

整備場でも若手整備士が離陸時刻に遅れまいと必死のメンテナンスを続けていた。

フライトが始まった。安全な空の旅を支えるのは、OCC(オペレーション・コントロール・センター)の人々だ。

オペレーション・ディレクターの高橋昌治は、パソコンが苦手で最新システムに馴染めない。

そんな高橋をサポートするのはディスパッチャーの役目だった。

1980便では問題が続出していた。

悦子は乗客からのオーダーを把握できず、失敗ばかり。

食後のデザートが切れていることに気がついた真理たちは、必死で手作りのデザートを作り始める。

しかし、もっと深刻な事態も起こっていた。機体に異常が発見されたのだ。しかも、前方には暴風雨の雲が広がっている。慌てる和博を抑えて、原田は冷静に判断を下す。

異変は直ちにOCCにも伝達された。高橋らは一丸となって、回避の手段を模索する…。

スポンサーリンク

映画情報(題名・監督・俳優など)

HappyFlight

ハッピーフライト
(2008年)

監督:矢口史靖
製作:亀山千広
脚本:矢口史靖
音楽:ミッキー吉野
主題歌:フランク・シナトラ『カム・フライ・ウィズ・ミー』

出演:
鈴木和博 / 田辺誠一
原田典嘉 / 時任三郎
斎藤悦子 / 綾瀬はるか
田中真里 / 吹石一恵
木村菜採 / 田畑智子
山崎麗子 / 寺島しのぶ
小泉賢吾 / 田中哲司
吉田美樹 / 平岩紙
吉川雅司 / 中村靖日
中島詩織 / 肘井美佳
中村弘樹 / 森岡龍
岡本福夫 / 正名僕蔵
岡本幸子 / 藤本静
渡辺忠良 / 長谷川朝晴
宮本理英 / いとうあいこ
水野頼子 / 江口のりこ
竹中和代 / 宮田早苗
今井一志 / 森下能幸
丸山重文 / 笹野高史
森田亮二 / 田山涼成
清水利郎 / 菅原大吉
菜採と一緒にゲートを走る乗客 / 竹中直人
斉藤利江 / 木野花
馬場光輝 / ベンガル
望月貞男 / 小日向文世
斉藤直輔 / 柄本明
高橋昌治 / 岸部一徳

タイトルとURLをコピーしました