映画「陰日向に咲く」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ファミリー映画,ドラマ映画
この記事は約3分で読めます。

感想/コメント

★★★★★☆☆☆☆☆

劇団ひとりの大ヒット小説「陰日向に咲く」の映画化。

5編のオムニバス形式の原作を、組み合わせて実写化している。

シンヤと鳴子を中心に映画は進んでいき、様々な人間の人生が交錯していくが、映画の中で全く他の人間たちと交錯しない登場人物がいる。
ゆうすけとみゃーこである。なぜこの二人を映画の中に入れたのかが不思議でしょうがない。

狂言回しになっているのであれば、登場する意味があるが、完全に独立しているので、一体何の為の登場なのか…。制作側の意図が理解不能。

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

観光バスの運転手シンヤは、浅草で寿子と知り合う。

寿子は、35年前に浅草で芸人をやっていた母・鳴子の相方・雷太の消息を追っていた。

鳴子は、売れない芸人の雷太とコンビを組んで、ストリップの幕間に漫才をやっていたのだ。

シンヤはパチンコ依存症だった。借金を重ねてもやめられない。

その挙句、オレオレ詐欺に手を染めてしまう。

シンヤがかけた電話に出てきたのは老婆だった。それは、雷太が浅草時代に思いを寄せていたストリッパーのジュピターだった。

ゆうすけは崖っぷちのアイドルみゃーこを応援している。

みゃーこはゆうすけの初恋の相手だった。小学生の頃の初恋の記憶を引きずっているのだ。

みゃーこはゆうすけらの努力によってブレイクのきっかけをつかもうとしていた。

リュウタロウは、妻を亡くし、息子から絶縁された心の痛みから、休暇を取って新宿でホームレス生活を始めていた。

出会ったのは、ホラ吹きで知られるカリスマ的なホームレスのモーゼだった。モーゼもまた悲しい過去を背負っていた。

借金で首が回らなくなったシンヤは弁護士センターへ相談に行った。そこで寿子と再会する。彼女は弁護士だった。

台風の中、シンヤは老婆の死を知る。彼女のアパートを訪れる。そこには、ジュピターの居場所を知った寿子もいた。そしてモーゼの姿もあった。モーゼは雷太だった。ジュピターと最期の別れにやってきたのだ。

人の縁の深さを知ったシンヤは、実家に向かった。父・リュウタロウと一緒に、思い出の桃の樹の下で記念写真を撮った。

台風一過。抜けるような快晴だった。

映画情報(題名・監督・俳優など)

Kagehinatanisaku

陰日向に咲く
(2008年)

監督:平川雄一朗
原作:劇団ひとり『陰日向に咲く』(幻冬舎)
脚本:金子ありさ
音楽:澤野弘之

シンヤ / 岡田准一
鳴子・寿子(二役) / 宮崎あおい
雷太 / 伊藤淳史
ジュピター / 緒川たまき
ゆうすけ / 塚本高史(幼少:桑代貴明)
みゃーこ / 平山あや(幼少:加藤美月)
劇場のオーナー / 本田博太郎
シンヤの上司 / 北見敏之
プロ野球選手の父 / 山本龍二
アパートの大家 / 根岸季衣
シンヤの母 / 生田智子
ホームレス仲間 / 堀部圭亮
借金取り / 池内万作
バスガイド・根室 / 平岩紙
モーゼ / 西田敏行
リョウタロウ / 三浦友和

タイトルとURLをコピーしました